« 料理は心~辰巳芳子さんのスープ~ | Main | たらいまわしTB企画第31回 「積読の山も誇りと本の虫」 »

February 26, 2007

「華麗なる一族」がちっとも華麗じゃない件について

日本のドラマが、どんどん、スケールが小さくなっている気がする。
そもそも、今の俳優は、昔の俳優に比べて、スター性がない。
たとえば、現在、放送中の「華麗なる一族」。
昔、映画では、万俵鉄平役を仲代達也が演じていた。
それが今や、鉄平役がキムタクですよ。
キムタクって、何を演じても、結局、キムタクにしかならないじゃないか。

一族ものといえば、今、見ているのが、
LaLaTVで放映中の「フォーサイト家~愛とプライド~」
Forsyte
原作はノーベル賞作家、ジョン・ゴールズワージの「The Forsyte Saga」
1874年、ビクトリア朝後期から20世紀初頭のロンドンの上流社会を舞台に、
フォーサイト家三代にわたる人々のそれぞれの愛が描かれる。

フォーサイト家の一員であり、やり手の弁護士でもあるソームズは
美しき令嬢、アイリーニを見そめる。
父親を失ったばかりのアイリーニは経済的理由から、
ソームズとの「愛のない結婚」を選ぶ。
しかし、この不幸な結婚が後に、フォーサイト家全体を巻き込んでいく。

原作も読んでみたいけど、翻訳されてないみたい。

|

« 料理は心~辰巳芳子さんのスープ~ | Main | たらいまわしTB企画第31回 「積読の山も誇りと本の虫」 »

Comments

LINさん、こんにちは!
>「華麗なる一族」
僕も見るのやめちゃいました。やはりあの骨太の原作のドラマの主人公がキムタクじゃ、きつかったですね。
ちょっと期待していたのですが。
何でスターっていなくなったのかなあ。フシギじゃないですか?今は多くの表現分野において才能が小さくなっているような気もしますが、それはちょっと大雑把にくくりすぎでしょうか^^
うーむ。
>「フォーサイト家~愛とプライド~」
面白そう。英国でしかもヴィクトリア朝時代!
でも最近、TV全然見る気がしないので、気になりつつもなかなか見れないです。

Posted by: kyokyom | February 26, 2007 at 18:53

わ~い♪
LINさんの更新があると嬉しくて仕方ないpicoです。
夕ご飯も作らず、ついコメントしてます。こんばんは!

華麗なる一族。
あれは、お笑いドラマですよね~。
音いれ、美術、配役、いろんな面においてバランスの悪いこと。
映画と比べるのも筋が違いますが、
フランス映画の「あるいは裏切りという名の犬」をみて、
今の日本の俳優がいかにダメかというのを再認識しました。
重厚な音楽を背負って、絵になるかどうか。
華麗なる一族は、お金かけてて、音も重厚(おおげさ)なんですけど、
配役のバランスが悪いから、ただのうるさい音になってしまう。
そんな風に思いました。キムタクは、もういい。ですよね~。
大体が、アカデミー賞のゲストコメンテーターに
キムタクを選出してしまうところから、考え直してほしいと思います。
人の顔色うかがいすぎてるから、スターもできないですよね。

LaLaTVのフォーサイト、いいですね。みたい。。。。

Posted by: pico | February 26, 2007 at 19:10

「華麗なる一族」、原作を昔読んであらすじを知っているだけに…
キムタク版鉄平が最後に○○○する道を選ぶことに違和感が拭えず…
見ていませーん。(笑)
あ、でも、仲代版の映画の方が先日スカパーで放送されたのを、夫が録画していたようです。
そちらは、時間があるときに見てみようかなと思います。

Posted by: TRK | February 26, 2007 at 20:40

>kyokyomさん
キムタク、きっついですよねえ。
あれで視聴率が取れているというのが不思議…
一度、キムタクは、プライドを捨てて、小劇団で修行をするといいですよね。
>何でスターっていなくなったのかなあ
これ、分母数の問題だと思います。
単純に人口が多ければ、スターが出てくる確率もあがりますが、
団塊の世代に比べて、人口、減ってますから。
かつて、黒澤映画は世界中を驚嘆させたというのに
日本の映画界はどうなっていくんですかねえ。
>TV全然見る気がしない
わかります~。
私もお笑い以外は見てないです。
特にドラマはまったく見ないです。
NHKハイビジョンのドキュメンタリーとか、
CSで海外ドラマを見てます。
地上波はちょっとお粗末すぎる内容ばかりですね。
最近、ニュースですら、顔だけがとりえでしゃべりはまったくダメな
女子アナが多くて、見るのがしんどいです。

Posted by: LIN | February 27, 2007 at 10:03

>picoさん
アカデミー賞中継、おつかれさまでしたー(*^^*)
>アカデミー賞のゲストコメンテーターにキムタク
キムタクは今、ハリウッド進出ねらってるんじゃないですかね?
だからアカデミー賞も気になって、ぎんぎん。
その前に、プライドを捨てて、小劇団で修行しなおすべきですって。
自分に演技力がないこと、気づいてないんでしょうか?
>「あるいは裏切りという名の犬」
お、かなりハードボイルドな映画ですね。
フランソワ・オゾン監督の作品みたいなイメージで、サイトを見たので
ちょっと意外でした!
俳優が二人ともかっこよくて迫力ありますね~。
今朝、菊川玲が「蒼き狼」の宣伝、やってましたが、あれもどうなんです?
チンギス=ハーンが反町って、全然、リアリティがない。
「フォーサイト家」はそうはいっても、ドラマなので、
映画で目が肥えていらっしゃるpicoさんがご覧になったら
ちょっとちゃちに見えちゃうかも~。
原作は、英国では有名な作品らしくて、たびたび映画化もされているようです。
そうそう、WOWOWって最近、目玉の作品がないと思いません?
以前は月に1本か2本は、大きい作品が放送されていたのに…
過去のリピートばかりのような気がする…
そういうわけで、WOWOWはやめてしまいました!
その代わり、「お!」と思う作品はDVDで買うことにしました。
DVD化が予定されていて、オススメの作品があったら教えてね♪

Posted by: LIN | February 27, 2007 at 10:22

>TRKさん
映画版、私もちらっと見たことがあるんですが、迫力ありますよー。
TRKさんは原作、読まれたんですね!
山崎豊子さんの作品は読みたいと思いつつ、なかなか手が出せずにいます。
読書、ここ数ヶ月、離れておりましたが、またぽちぽち読んでいます。
今、白州正子の『西行』を読んでます。
和歌はさっぱりわからない私でもわかりやすく、オススメです。
TRKさんのことだから、とっくに読んでらっしゃるかな?
毎晩、平安時代の京の都にトリップしております。
きっとこれをドラマにしたら、「華麗なる一族」のように
陳腐になるに違いありません。
脳内トリップは活字ならではこその楽しみですね。

Posted by: LIN | February 27, 2007 at 10:35

 テレビ役者はどうしても軽すぎるイメージがありますね。見ていられない。でも、思うんですが歌舞伎役者がテレビに出ると良い。
 三谷幸喜「古畑」での板東八十助や澤村藤十郎、「王様のレストラン」の松本幸四郎を見ているとそう思います。
 ドラマに比較的よく出る中村梅雀も良いですね。
 古畑の出演者リスト見てると、結構良い役者が揃ってますよ。もちろん、どうしようもないのも混ざってますが(笑)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E7%95%91%E4%BB%BB%E4%B8%89%E9%83%8E#.E7.AC.AC1.E3.82.B7.E3.83.BC.E3.82.BA.E3.83.B3
 しかしやっぱり見てると、映画・舞台出身の人だけだなあ、良いと思うのは。風間杜夫なんて大根なんですけどね、で、嫌いなんだけど、でも良いんですよ、何故か。
 演技の巧拙とはまた違った次元での存在感とか安定感みたいなのがあるんでしょうかね。

Posted by: LSTY | February 27, 2007 at 17:39

ごぶさたです。
最近は更新がないので、LINさんファンの一人としてさびしかったです。人気者なのに、なんともったいない。
TBSドラマ『華麗なる一族』は、私も観ていますが、ホントに華麗な雰囲気がまるで無いですよね。
思うに、制作サイドがダメだと思います。はっきり申し上げて、才能が無い。努力をしていない。
撮影のアングルが悪すぎる。いくら被写界に限界があるテレビ画面とはいえ、あのアングルは悪すぎです。
そして、編集がメチャクチャにひどい。ただシーンごとにぶつ切りしたショットを、時系列に並べているだけ。
あんな編集なら、私にでもできます。
それに、何より「生活のにおい」がまったく無い。
万俵家は当時としては第一級のセレブのはずなのに、「ただのお金持ち」にしか見えない。
この小説の時代背景としては、高卒で勤続5年の工場労働者が月収2000~3000円に対して、大卒の初任給が2~3万円という時代です。そういう格差もまったく感じられない。
ついでに、工場労働者にも「らしさ」が感じられません。私も工場で働いていますが、「違うよ」というのが率直な感想です。
それに、頻繁に出てくるナレーションやスーパーもうるさい。
まあ、いいトコまるでなしの、最近では珍しいドラマだと思います。
それでも、なぜに観ているのか。
奥様が観ているからであります。
でも、ウチの奥様も「つまんない」と言っております。ご無礼。

Posted by: 多摩のいずみ | February 28, 2007 at 03:31

>LSTYさん
同感です。
歌舞伎役者はよいですね。
それから劇団系俳優とか。
三谷さんのドラマがひきしまっているのは、劇団系俳優を
多く使ってるからじゃないかと思います。
歌舞伎役者や劇団系俳優はやっぱり演技の基本ができてますもの。
安心して見ていられます。
最近、多い、モデル経由女優とかジャニーズの何ちゃって俳優は
演技の基本ができてない。
特にモデル出身の女優の大根っぷりはひどいです。
何とかしてほしいものです。
モデル出身じゃないですが、小林麻央の演技が特にひどい…
プロフィールによれば、目標は鈴木京香だそうです。
ひえー。

Posted by: LIN | February 28, 2007 at 13:24

>多摩のいずみさん
最近、カメラの記事が多いですね(*^^*)
私も写真、じょうずになりたいなあとは思うのですが、
O型なので、どうも細かい設定が苦手で…(^^;
最近のドラマは制作スタッフにも問題ありなんでしょうね。
昔に比べたら、今は制作費が削減されているというのもあるでしょうが、
セットもちゃちですよね。
日曜劇場って、いかにもセットセットした、ホームドラマを放送することが
多いですから、リアリティのあるセットのノウハウがないのかもしれません。
>ウチの奥様も「つまんない」と言っております
そうかあ!
つまらないと思いつつ、見ている方も多いんですね。
それで、20%超えの高視聴率も納得です(笑)
>奥様が観ているから
多摩のいずみさん、お優しい!
普通、男性は、自分が見たくない番組は「くだらない」とけなしたり
別の部屋で自分が見たい番組を見るのではないでしょうか?
夫婦で仲良くTV、いいですね(*^^*)

Posted by: LIN | February 28, 2007 at 13:35

こんにちは
ちっとも華麗じゃない「華麗なる一族」っていいなあ~
ナイスな LIN さん

慧も原作読んでる口でしたから 人伝に配役聞いたとき
「えっ? キムタクの役? 銀平? 鉄平なの? 嘘でしょ」って感じでした でもって 全く観てません
TBSドラマ「華麗なる一族」は「カレー食べる一族」なんじゃないかしら・・
失礼しました

Posted by: | February 28, 2007 at 18:34

ご無沙汰してます~。
「華麗なる一族」、友人とつっこみながら見たら面白かったです(笑)。
華麗どころか貧乏くささが漂うドラマですよねー。
コンビニで売ってるコラボ商品の「華麗ぱん」(山崎パン)、あのしょぼさがドラマのダメダメ感に妙にぴったりです。

Posted by: MlleC | March 01, 2007 at 00:15

>慧さん
どの作品にもいえることですが、原作を先に読んでいると
ドラマや映画を見るのはちと、つらいですよねえ。
それでも唐沢寿明の「白い巨塔」はなかなかよかったと思うのです。
「華麗なる~」は「白い巨塔」ほどの人気はないと思うのですがどうでしょう?
同じSMAPメンバー主演でも、中居君の「砂の器」も私はよかったように思います。
私も何でもかんでもダメだといってるわけじゃないのです(笑)
しか~し、「華麗なる一族」のキムタク主演は全然、納得できません。
もっと、いい役者はたくさんいるだろうに…
キムタクは時代劇映画にもよく出演してますが、
どう見ても、顔がバターくさくて、時代劇顔じゃないと思うんですよねー。
長々とキムタクの不満、ごめんなさい(^^;

Posted by: LIN | March 01, 2007 at 09:43

>Mlle.Cさん
おー、つっこみながら見るという楽しみもあるのですねー(笑)
それにしてもキムタクの演技力はひどい…
「HERO」とか軽い恋愛がらみのドラマでもやってりゃいいんです、キムタクは。
「華麗ぱん」も、よく山崎豊子先生がOKしましたよねえ(笑)
いいのか、自分の作品をダジャレに使われて!
最近、ケーブルテレビで、向田邦子原作のドラマを立て続けに放送してるんですが
あの頃は、ドラマの完成度が高かったように思います。
役者もうまいし。
っていうか、最近のドラマ、役者が出てないし!
私にいわせれば、キムタクはタレントであって役者ではないので。

Posted by: LIN | March 01, 2007 at 09:48

おはようございます。
ここんところ、私の愚パソ(銘は村正)が、呪ウイルスにかかったせいもあり、とんと武路倶会からは遠のいて静養しておりましたところ、
やや、LINさんの狼煙が上がっているじゃぁないか、
いざ鎌倉、と、馳せ参じた次第ですが、遅きに失しまして、あーいとぅいまてぃぇーん。

「華麗なる一族」につきましては、風の噂に「華麗ぱん」なるものも出回る、いわゆるメディアのごった煮みたいなことになっているとのこと。
拙者、印度カレー、鰈の煮付け、華麗な貴人の加齢臭には一家言ございますものの、「華麗なる一族」については、全くの素人ゆえ、
LINさんはじめ、皆様のピリからいご意見を拝読し、
なるほど、なるほど、とうなずくこと頻りでございました。

斯様な文体で拙文をしたためておりますのは、「風林火山」の影響が大、にございます。
この大河活劇は、某国営放送にて放映中ですが、次第に渋いところを突いてきておりまして、
「禿鷹」と甲乙つけがたい、今期出色の出来かと。
ご挨拶がてら、僭越ながら、ご紹介まで。
では、御免仕り候。

Posted by: ne_san | March 02, 2007 at 10:18

>ne_sanさん
おお、『風林火山』おもしろいですか!
たまに、ちらちらと見ているのですが、イマイチ、はまれずにいました。
これは、ちゃんと見てみなくては。
あ、『ハゲタカ』も第1回を途中まで見たんですが…
今夜、ハイビジョンでダイジェストをやるらしいので、見ようっと。
原作も売れまくってるようですよね。
最近の民放のドラマはひどすぎます。
その点、NHKはやっぱり安心して見れます。
予算がたっぷりあるからか!?
それでも、大河あたりに、タレントあがりのへたな女優が出ていると
がっくりしてしまいますけど。
その点、今回の「風林火山」は、女優陣がしっかりしてますね。
最近、何だかんだ、お気に入りのチャンネルは
NHKハイビジョンです。

Posted by: LIN | March 02, 2007 at 11:04

風林火山、最初は、むっさいなぁ~と思ってたんですが、
気づけばはまっておりました。
とりあえず、前回の日曜日放送分が明日再放送されるはずですが、
この回は、まさに「神回」です。

いや、ものすごーくむっさいっですけど。
墨守VS奇襲。
山城をめぐる攻防の、リアルさと、足軽の悲哀です。
強く推奨!!

Posted by: ne_san | March 02, 2007 at 11:36

「あるいは裏切りという名の犬」のトレーラー。
あれ、日本タッチでつなげているので、よくないです。
ハードボイルドなタッチですが、非常に詩的です。
皇帝ペンギンもそうでしたが、各国ごとに、トレーラーや
吹き替えでかなりニュアンスが違ってきてしまいますね。

華麗なる一族も、監督さんがかわったら、もっと
味のある深いものになるのでしょう。きっと。

WOWOW、二月はヴェンダースのアメリカ家族のいる風景がよかったです。
えええ!?おすすめのDVDですか?
う~ん。映画は、1~2度みれば満足しちゃうこともありますから、
「オランダの光」とかは、何度みても心地よいです。
私的に好きで、5回以上は観てるという作品は、
「グランブルー」「道」「バグダット・カフェ」「ノスタルジア」「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」
はたまた、ウォン・カーウェイ作品あたりなのですが、
LINさんのおきにいりとなると、また、考えてしまいます。
何か思いついたら、また、ご報告しますね!

Posted by: pico | March 02, 2007 at 11:41

>ne_sanさん
そうそう、「風林火山」はむっさいんですよねー(笑)
内野聖陽様のせっかくの端正なお顔が~ですよ。
明日の再放送ですね。
見ま~す。
ne_sanさんは、もしかして合戦好きですか?
軍をどう動かすか考えるのが好きとか?
陣形を考える「武田信玄2」というゲームがありますよん。
http://www.f-groove.com/takeda2/

Posted by: LIN | March 02, 2007 at 12:01

>picoさん
何か、最近の映画のトレーラーってやたら凝りすぎていて、
かえって何のこっちゃ、わからなかったりしますよね。
「あるいは裏切りという名の犬」も、HPを見ても、イマイチ、どんな映画かよくわからないです。
(だめぢゃん)
>映画は、1~2度みれば満足しちゃうこともありますから
そうなんですよ。
それでも、買う価値のある映画かってことですよね。
あー、「バクダッド・カフェ」好き好き。
あの乾いた感じがたまらない。
私、そもそも、あまりちゃんとしたストーリーがない方が
好きなんです~。
ところで、picoさん、2,3日前、ハイビジョンで放送していた、
チェ・ゲバラのドキュメンタリー見ました?
戸井十月さんという作家が案内人でした。
チェ・ゲバラの人生を紹介しつつ、キューバや、
チェ・ゲバラが死んだボリビアを旅するという番組でした。

Posted by: LIN | March 02, 2007 at 12:16

内野聖陽がですね、ほどよく汗とほこりにまみれて働く男なので、
これがワイルド系でかっこいいんですわ。
武田信玄ゲーム、面白そうですな。
とりあえずお気に入りに追加しときました。
暇ができたら、たぶんハマるとおもわれます。

合戦は、戦略的な配置など考えるのはきらいじゃないですが、血がでたりするのが苦手なので(笑)

ところで話題に横はいりするんですけど、
picoさんの好きな映画ラインナップ、かなり、いやものすごく共感です。
「バグダット・カフェ」「ノスタルジア」←このあたり、特に大好き。
わかるわぁ、picoさん。

Posted by: ne_san | March 03, 2007 at 04:56

はじめまして、檀です。
先日は、「たら本」へのコメントありがとうございました。
で、こっちにコメントつけてしまって…すみませんm(__)m

いや、私もあれは酷いと予告を見て思ってるので。
せめて、髪を角刈りにするぐらいの気合でも見せればまだましだったかも。
まるで「砂の器」の最終回で中居くんが演奏してるシーンになるたびに、しらけてたのを思い出します。(もうちょっと演奏する演技を勉強しろってんだww)
いっそ、山本耕二くんが主演だったらよかったのにと思うのですが、ジャニーズはそれじゃあOK出さないんだろうね。
テレビドラマを、学芸会にした要因の一つにジャニーズがあると思うのですが、どうでしょう??

Posted by: | March 03, 2007 at 20:57

>檀さん
>こっちにコメントつけてしまって…
いえいえ、大歓迎でございますよ(*^^*)
>テレビドラマを、学芸会にした要因の一つにジャニーズがある
まったく同感です!
ジャニーズはひどいですよねえ。
なまじ、事務所に力があるから、どのドラマにも主役級で登場しますから。
あとはモデル・タレントあがりの女優もひどいですよねえ。
きれいなだけで演技力ゼロ。
伊藤美咲とか…
彼女って事務所が研音なんですけど、
研音って、反町とか速水もこみちとか大根役者ばっかりですよ!
でも人気あるんですよねえ、ジャニーズと一緒で。
不思議ですね。
もう、こうなってしまうと、映画・ドラマ好きの人間は
一昔前の作品を見るしかないのでしょうか。
寅さんとか無責任シリーズとか今、見ても、いいですものねえ。

Posted by: LIN | March 04, 2007 at 13:44

The comments to this entry are closed.

« 料理は心~辰巳芳子さんのスープ~ | Main | たらいまわしTB企画第31回 「積読の山も誇りと本の虫」 »