« 『忘れられた日本人』by宮本常一 | Main | たらいまわしTB企画第32回「ねこ・ネコ・猫の本」 »

March 31, 2007

『イエスの王朝』byジェイムズ・D・テイバー

イエスの王朝 一族の秘められた歴史

宗教学者の著者の25年に及ぶ研究をもとに、
歴史上の実在者としての人間イエスと
王家の血を引く一族の歴史、キリスト教の誕生を探求したノンフィクション。
発掘調査やDNA鑑定など、最新研究の成果も盛り込んだ
キリスト教研究の集大成。

「『ダ・ヴィンチ・コード』ファン必読」と書いてあるけれど、
『ダ・ヴィンチ・コード』とはまったくアプローチの仕方が違い
考古学や古文書といった、きちんとしたデータに基づいている。
内容も、突拍子もない話ではなく、
イエスがどのような一族であり、いったい、何をめざしていたかが書かれている。
ノンフィクションではあるが、イエスを主人公とした小説を読んでいるようだ。

ところで私は、洗礼者ヨハネと弟子ヨハネは同一人物だと思ってたよ!
(ユダだって、裏切り者のユダと、イエスの弟ユダがいるし、
この時代は同じ名前が多くて混乱する!)
弟子ヨハネは漁師なのに、どうしてダ・ヴィンチの「最後の晩餐」では
あんな優男風なんだろう?

以下、ネタばれ。
(この本を読んでみようかなあと思う方は読まない方がいいです)

現在のキリスト教の形ができあがったのは、パウロによってであり、
イエスがめざしていたものとは、まったく違ったものだった、
ユダヤ人ではあるが、ローマの市民権を得ていたパウロが行ったのは
キリスト教の脱ユダヤ教。
しかしイエスの教えはあくまでもユダヤ教に基づいたもの。
(イエスの発言や行動はダニエル書に影響されている)
しかしパウロは「イスラエルの民は神に選ばれた民である」という
ユダヤ教の律法は、キリストが地上に現れたことで、
もはや無効になったとしたのである。
また、イエスは「地上の神の国」をめざしていたが、
パウロは「神の国は天上にある」としている。

|

« 『忘れられた日本人』by宮本常一 | Main | たらいまわしTB企画第32回「ねこ・ネコ・猫の本」 »

Comments

ああ、LINさんが本を紹介して下さるととても嬉しい。。。
で、でも焦ります。
今年は自分の読みたい本を読んでいこうとしているので、誘惑しないで~。でもおいていかないで~。
という気持ちです^^

Posted by: kyokyom | March 31, 2007 at 21:13

>kyokyomさん
>本を紹介して下さるととても嬉しい
えー、ホント?
最近の私は、ノンフィクションばかりだし、ジャンルも偏っているので
小説好きの方にはあまり参考にならないブログになりつつあるなあと
思ってます。
>今年は自分の読みたい本を読んでいこう
それが一番ですよー。
人に薦められた本を読むのも、自分の知らない世界を知ることができて
楽しいけれど、やっぱり自分が好きな本を読むのが一番。

Posted by: LIN | April 01, 2007 at 11:00

ほんと、ほんと。ほんとです。
だって小説読んでたってヨーロッパの文学読むには、キリスト教の知識がないとどうも理解できないよーって感じになります。
ユリシーズを読んでいてそのことを痛切に感じさせられました。まあ、この小説、内容自体は僕にとっては意味不明以外のなにものでもありませんでしたが、破壊力だけは抜群でした。
別に小説読むために利用するわけではないですが、でもノンフィクションも読みたい。てかなんでも読みたい。
本が好きでありたいです。

Posted by: kyokyom | April 01, 2007 at 11:39

>kyokyomさん
お、今、kyokyomさんのところにコメントしてきたとこです(*^^*)
>キリスト教の知識がないとどうも理解できないよーっ
それはいえてるかも。
ヨーロッパの文学を読むにはヨーロッパ的教養が必要というか。
この本を読んで、当時のローマに興味が出てきて、
塩野七生の『ローマ人の物語』を読み始めたのね。
で、こうなると『オデュッセイア』が読みたくなる。
『ユリシーズ』というのはこの『オデュッセイア』のパロディなのでしょう?
つまり『オデュッセイア』を読んでおかないと楽しめないってことですよね。
kyokyomさんは『オデュッセイア』は読まれました?
>てかなんでも読みたい。
私もそう。
最新の小説を読んで、ブログ仲間のみなさんとわいわい盛り上がりたいし
SFも読みたいし、ミステリーも読みたい。
でも、体はひとつしかないので、あれもこれもというわけにいかず、
結局、今はなくなく、ノンフィクションにしぼってます。

Posted by: LIN | April 01, 2007 at 11:56

LIN議長、お邪魔します。

>『オデュッセイア』を読んでおかないと楽しめないってことですよね。

いや~、これ読んでたら逆に腹立ちました(笑)
オデュッセイアのどこをどう下敷きにしてんねん!て感じです。
一応、各章の扉に粗筋とオデュッセイアのどの章と重なるかが記されているのですが、それでもわけがわからないです。
しかもめちゃめちゃな注釈の量で、僕は途中で注釈を読むのをやめてしまいました。ほんとは読まないと意味ない小説なのですが。。。
ともかくパスティーシュ(文体模倣)、パロディ、言葉遊び等々あらゆる技法を駆使して、文体を破壊しまくっています。
でもいい読書体験になりました。読めて良かったです。

LINさん、塩野七海読まれているのですねー。僕も『ローマ人の物語』読みたいなあってずっと思っています。でもこの人「読ませる」内容と文章が書けてしまうんですよね。それはある意味では作者のバイアスがかかっている歴史観なのではないかと感じるのですが。でも好きです。

ところで議長推戴の儀は、近日中に行われるのでスピーチを考えておいて下さいませ^^
いや~、しかし財団の構想を考えるのもなかなか骨が折れます。
意思決定を財団総裁と理事会のどちらにゆだねるか。
第三者機関としての賢人会議にどのように裁定権を持たせるか。
組織を立ち上げるって難事業ですね(笑)

Posted by: kyokyom | April 01, 2007 at 19:58

>kyokyomさん
kyokyom代表、財団の運営、おつかれさまです。
えーっ!スピーチですか!
そういう硬い文章、苦手かも~(^^;
kyokyom代表、原稿、書いてください。
『ユリシーズ』てごわそうですね。
こういう解説本を読んでみるっていうのはどうです?
http://www.shueisha.co.jp/now/9906/shoseki/07.html
『ローマ人の物語』おもしろいですよー
>バイアスがかかっている歴史観
ああ、それは多かれ少なかれ、誰が書いてもあると思うなあ。
事実のみを並べた年表は別として、歴史を文章化した場合は
まったく作者の思惑が入らなくするというのはむずかしいかも…
塩野さんは、偏りが無い方だと思いますが、
ローマがいかに、人権が尊重されていて自由平等であったかということを
強調しすぎるきらいがあるように、私は感じました。

Posted by: LIN | April 02, 2007 at 11:19

The comments to this entry are closed.

« 『忘れられた日本人』by宮本常一 | Main | たらいまわしTB企画第32回「ねこ・ネコ・猫の本」 »