« March 2007 | Main | May 2007 »

April 21, 2007

『親指のうずき』『グラン・ギニョール城』

※この記事は、ネタばれになりそうな箇所は、
ドラッグして反転で読むようになってます。

本格ミステリを2冊、読んだ。

親指のうずき

おしどり探偵トミー&タペンスシリーズ。
昨年、「奥さまは名探偵」というタイトルで映画化されました。

トミーとタペンスはおしどり夫婦。
ある時、二人は養老院にいるトミーの叔母さんを見舞いに行く。
タペンスはそこの入居者である老女に
「あの暖炉の奥に埋まっているのはあなたのお子さんなの?」
と聞かれる。
その後、トミーの叔母さんが老人ホームで亡くなる。
遺品を整理していたタペンスは、
その中の一枚の風景画に胸騒ぎを覚えた。
描かれている運河のそばの一軒家に見覚えがあったのだ。
しかもその絵のもとの持ち主はくだんの老女であり、
老女は失踪してしまっていた。
タペンスは絵に描かれた家と老婦人を探す旅に出るが…

読み終わって、ぽか~んとしてしまった。
絵に描かれていた家には思わせぶりのエピソードがたくさんあり、
これがどうつながっていくのかしら?とワクワクしながら読んだのだが…
ミステリーの落ちとして、アリなの?これは?
だって、結局、犯人である(ランカスター夫人)は(惚けている)ってことでしょう?
これはミステリーでよくいう“フェアプレイ”ではあるの?
何だか腑に落ちない作品でした。

グラン・ギニョール城

欧州の古城《グラン・ギニョール城》に招かれた名探偵ナイジェルソープ。
しかし、その閉ざされた城では次々と惨劇が起きる。
一方、帰阪の中途で怪死事件に遭遇した森江春策は、
調査を進めるうちに探偵小説『グラン・ギニョール城』の存在に
行き当たる。
やがて被害者宅に掛かってきた謎の電話の主が、森江にこう囁いた。
「グラン・ギニョール城へ……来たれ」。

途中、森江が(現実の世界から小説の世界に入りこんでしまう)のですが
それは(和歌山の山奥にあるホテルで日本人である劇団員たちが
探偵小説『グラン・ギニョール城』を演じている
)という設定なんですね。
それが何だかチープでねえ…。
私はむしろ(そのまま、本当に森江が小説の中に入りこんでしまった
という設定の方がよかったなあ。
たとえ、それによって、ミステリーとしては破綻してしまったとしても。
ラストでわかる犯人と動機もイマイチかなあ。
日下邦彦)がそこまでして(4人を殺したかった)理由がよくわからない。
ノイローゼ)だから?
犯人が(惚けいている)とか(ノイローゼ)だからってのは
やっぱりフェアじゃないと、私は思うんですよ。

私は、本格ミステリが大好きなのですけど、
本格ミステリって、時代に取り残された感がありますよね。
この2作品を読み
本格ミステリが生き残るための道って何だろう?
と、ふと考えてしまいました。

※本格ミステリ=推理小説のうち、謎解き、トリック、頭脳派名探偵の活躍を
主として書かれているもの

新たに6冊、購入。
『占星術殺人事件』島田 荘司 講談社
『論理の蜘蛛の巣の中で』巽 昌章 講談社
『チムニーズ館の秘密』アガサ・クリスティー 早川書房
『邪馬台国はどこですか』鯨 統一郎 東京創元社
『明智小五郎対金田一耕助』芦辺 拓 東京創元社
『アラビアの夜の種族』古川 日出男 角川書店

| | Comments (12)

April 17, 2007

『赤朽葉家の伝説』by桜庭一樹

赤朽葉家の伝説

サンカの民の末裔である“万葉”は、10歳の時に
紅緑村に置いていかれてしまう。
が、親切な若夫婦に拾われて育てられる。
紅緑村には、古くから製鉄所を営む名家、赤朽葉家があった。
“万葉”がその赤朽葉家に嫁ぐまでが第一部(1953~1975年)
“万葉”の娘、“毛毬”の物語が第二部(1979~1998年)
『毛毬』の娘、“瞳子”の物語が第三部である(2000年~未来)

『ベルカ、吠えないのか』を思い出した。
あちらは、犬を主人公にして描いた20世紀だったけれど、
こちらは鳥取の旧家に生きる3代の女たちを主人公にした
日本の戦後史。
長い歴史をテーマにしているのにもかかわらず、
どちらの作品も薄っぺらなところがよく似ている。

文体が軽いなあと思いつつも、第一部は
“万葉”やその周囲にいる人間がみな個性的で
エピソードに事欠かず、おもしろく読むことができる。
が、第二部になると途端にダメになる。
“毛毬”が暴走族という設定なのだが描き方がステレオタイプで
ぺっらぺらなのである。
私たちが頭に思い描く「暴走族といえばこんな感じ」そのまんまである。
主人公たちの物語と並行して書かれている日本の戦後史もベタ。
石油ショック、バブル景気…手垢にまみれた単語が並ぶ。
作家というのは、読者が知らない歴史を掘り起こすのが仕事であろう。
文体も、第一部はかろうじて文学してたが、第二部はいわゆるラノベ。
ストーリーは悪くない。
ああ、この内容で、もっと重厚な文体の作家が書いてくれたらと思う。

第三部で、“万葉”の孫娘である“瞳子”がいう。
「こうしてようやくたどりついた、現代。
語り手であるわたし、赤朽葉瞳子自身には、語るべき新しい物語はなにもない。
ほんとうに、なにひとつ、ない。」
これは、“瞳子”のセリフであるが、
語るべき新しい物語がないのは“瞳子”ではなく、
現代の文学のような気が私はする。
ネットを見る限り、この作品の評判はいい。
語るべき物語のない作家が書く作品を、語るべき物語のない読者が読む。
そんな時代なのかもしれない。

| | Comments (6)

April 14, 2007

『陰摩羅鬼の瑕』『邪魅の雫』by京極夏彦

ネタばれしないように書くつもりですが、
未読の方は読まない方がいいと思います。

『陰摩羅鬼の瑕』by京極夏彦
文庫版 陰摩羅鬼の瑕

「おお!そこに人殺しが居る!」
探偵・榎木津礼一郎は、その場に歩み入るなりそう叫んだ―。
嫁いだ花嫁の命を次々と奪っていく、白樺湖畔に聳える洋館「鳥の城」。
その主「伯爵」こと、由良昂允とはいかなる人物か?
一方、京極堂も、呪われた由良家のことを、元刑事・伊庭から耳にする。
シリーズ第八弾。

洋館大好きなので、洋館が舞台なのは嬉しい。
しかし、いつもの妖しさがまったくない、なぜだろう?
妖怪と洋館が合わないからか?
京極堂の妖怪薀蓄も少なかったように思う。
宗教薀蓄も楽しみなのだが、
今回のテーマは儒教とハイデッガーであまりおもしろくなかった。
登場人物が少ないうえに舞台がほとんど一箇所なので変化がない。
ミステリーとしても途中である程度、話が見えてしまう。

『邪魅の雫』by京極夏彦
邪魅の雫

昭和二十八年夏。
江戸川、大磯と相次いで毒殺事件が発生する。
そして──平塚。
被害者の女性は偽名で生活し、身許不明。
彼女に付き纏っていた不審な男、死体の第一発見者、
香具師の破落戸(ごろつき)、殺意に憑かれた男。
夫々の物語が渦巻くなか、増えていく毒殺死体。
連続事件としての捜査は混乱を極め、ついにあの男が登場する!

MouRa特設サイト(プロモーション映像有り)

いつもより京極堂の登場場面が少なくてつまらん。
今回は妖怪薀蓄も宗教薀蓄もない。
ネタ切れか?
今回の京極堂の薀蓄は書評についてと、
伝説と歴史について。
登場人物が多いうえに複雑に入り組んでいるので
それを追うことに必死になってしまい(初めて相関図を作ったよ!)
小説そのものを楽しめない。
途中からナナメ読みした。
(少なくともオンモラキはナナメ読みはしなかった)
あの人がキーマンなんだろうなあというのは途中でわかってしまう。
ただ、今まで、榎木津はそんなに好きじゃなかったのだが、
今回の榎木津はかっこよかった。

これで、京極堂シリーズはすべて、読み終えた。
私は京極堂の薀蓄ファンなので、『百鬼夜行』や『百鬼徒然袋』は
読まなくてもいいかなあと思っている。
過去の京極堂シリーズを読み返したくなった。
この流れで何だか本格ミステリーが読みたくなって3冊注文。

『赤朽葉家の伝説』by桜庭一樹
赤朽葉家の伝説

「山の民」に置き去られた赤ん坊。
この子は村の若夫婦に引き取られ、
のちには製鉄業で財を成した旧家赤朽葉家に望まれて輿入れし、
赤朽葉家の「千里眼奥様」と呼ばれることになる。
これが、わたしの祖母である赤朽葉万葉だ。
千里眼の祖母、漫画家の母、そしてニートのわたし。
高度経済成長、バブル崩壊を経て平成の世に至る現代史を背景に、
鳥取の旧家に生きる3代の女たち、
そして彼女たちを取り巻く不思議な一族の血脈を
比類ない筆致で鮮やかに描き上げた渾身の雄編。

『グラン・ギニョール城』by芦辺拓
グラン・ギニョール城

欧州の城グラン・ギニョール城に招かれた名探偵ナイジェルソープ。
客の間には緊張が漂い、嵐の夜を境に惨劇が続く。
一方、弁護士・森江春策は、偶然遭遇した怪死事件の手がかりとなる
探偵小説『グラン・ギニョール城』を探し当てたが、
彼を嘲笑うかのように小説世界は現実を浸食してゆく。
虚実混淆の果てに明らかにされる戦慄の真相とは?

『百万のマルコ』by柳広司
百万のマルコ

囚人たちが退屈に苦しむジェノヴァの牢。
新入り囚人〈百万のマルコ〉ことマルコ・ポーロは、彼らに不思議な物語を語りはじめる。
いつも肝心なところが不可解なまま終わってしまう彼の物語。
囚人たちは知恵を絞って真相を推理するのだが……。

| | Comments (2)

April 08, 2007

わたしの名前は長谷川まりこ56

気持ちのよい日曜日である。
空気の感じがちょうどよい。
ただでさえ、つまらないTV(地上波)が
年度がわりのせいで特集番組ばかり放送していて、
ますます見たい番組がない。
そんなわけで、YouTubeの動画をTV感覚で見ることができる
rimo(リンク先音有り注意)を見ている。
関東では放送されない関西のお笑い番組が見れるのがよい。
最近のお気に入りはシャンプーハット。
「わ・た・しの名前は~ 長谷川まりこ56~
好きな食べ物は~ 満月ポンポンポポン~
満月ポンさえあれば~ いつまでもポンポポ~ン♪」

それと、LalaTVで放送中のSATCを今頃になって
エピソード1から見始めた。
Ep19_carrie_girls_steps
ニューヨークに住む30代の独身女性4人の日常生活を
コミカルに描いた作品。
4人がやらかしてしまう恋愛の失敗を見ていると、
同じような失敗をした自分の過去を思い出してしまって
心が痛い…

読書は
塩野夏生の『ローマ人の物語』と高山なおみの『日々ごはん』と
京極夏彦の『陰摩羅鬼の瑕』を交互に。
ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上)    新潮文庫日々ごはん〈1〉文庫版 陰摩羅鬼の瑕

『ローマ人の物語』はローマの歴史書なんだけれど、
Wikipediaによると

日本の書店や図書館などでは歴史書として扱われていることもあるが、
大半の研究者からは、実証研究や史料に基づかない記述がある、
客観性や反証可能性を放棄した安直な断定が許される
という意味合いにおいて小説と捉えられている。

なんだそうである。
私は、正しいかどうかよりも、大胆な仮説の方を好む。
梅原猛の『隠された十字架』のように。
実際、『ローマ人の物語』は歴史書を読んでいるというより、
小説を読むようなおもしろさがある。

『日々ごはん』は料理家である著者のごはん日記
他人のごはん日記を読むのって大好き。
井上絵美さんの『おいしいものに恋をして』とか
こぐれひでこさんの「ごはん日記」とか。

『陰摩羅鬼の瑕』はまだ読み始めたばかりだけれど、
いつものおどろおどろしさがないような気がする。
あまり評判よくないようなので、期待はしないけど…。

| | Comments (2)

April 04, 2007

たらいまわしTB企画第32回「ねこ・ネコ・猫の本」

Tara32

たら本です。
どなたでも参加できるTB企画。
テーマに沿った本を紹介する記事を書き、
主催者さんや他の参加者にトラックバックやコメントしてね。
今回の主催は「柊舎の書庫」のむつぞーさんです。

猫と本あるいは猫と文学…というのは、
とっても似合うとおもいませんか?
時に愛らしく、時にふてぶてしく、
身近な存在でありながらミステリアスな雰囲気をもつ猫。
多くの作家達にも愛された猫は、いろんな本に登場していると思います。
そんな猫が出てくるお気に入りの本を教えて下さい。

「猫本ね、猫好きだもん、あるある」と本棚を見渡してみたのだけれど
意外とない…

猫とともに去りぬ
ロダーリのファンタジー短編集。
ただし、猫が登場するのは表題作のみ。
駅長を退職し年金生活をしているアントニオ氏が
息子夫婦や孫にじゃけんにされて、猫になってしまうお話。

Photo
猫は殺しをかぎつける
猫は殺しをかぎつける

有名なシャム猫ココシリーズの第4作。
新聞記者クィラランが、飼い猫のシャム猫ココと協力して
事件を解決するというミステリー小説。
全部で20作以上ある(それだけ人気があるということか)。
ミステリーとしてはいまひとつかなという気がするけれど、
シャム猫ココは賢くてかわいい、そしてちょっと怖い。

Nekobungaku
猫文学大全
猫文学大全

ハックスレー、マーク・トウェインからサキ、ギャリコ、サルトルまで、
ミステリーもファンタジーも詩も、全部まとめて猫の文学。
キラ星のような傑作十六篇にピカソ、シャガール、クレー、ルッソーなどの
名画を多数、ちりばめた、贅沢きわまりない作品集(表紙案内文より)。
中古でないと手に入りません。
名画が挿絵になっているのがよいですね。
私は、あのジーヴズシリーズで有名なP.G.ウッドハウスの
「ウェブスターの物語」が好き。

主人公のランスロットは「画家をめざしたい」といって
育ての親である叔父と仲たがいしてしまう。
ところが、ある日、叔父から「アフリカに行くことになったので
猫をあずかってほしい」と手紙と猫が届く。
猫の名はウェブスター。
その日から、放蕩三昧だったランスロットの生活が変わってしまう…

overQさんがこちらの記事で書いていらっしゃる日影丈吉の「猫の泉」も好き。
ただし、現在、日影丈吉の本は全般的に入手困難。
私は『怪談~24の恐怖~』というアンソロジーで読みました。
怪談―24の恐怖
この本、手ばなさなければよかったなあ。

今回、この記事を書くにあたり、いろいろ調べていてわかったこと。
猫って時々、いなくなりますよね?
実は、その時、猫は、阿蘇にある根子岳(猫岳)に修行に行っているのだそうです。
修行から帰ると、もうふつうの猫ではない。
どの猫もげっそりやせ、耳がさけているそうです。
みなさんの猫はどうですか?
この本に詳しく書いてあるみたいです。
猫の王―猫はなぜ突然姿を消すのか

| | Comments (18)

« March 2007 | Main | May 2007 »