« mixiにコミュを作りました | Main | 『オデュッセイア』『双生児』『夏の夜の夢・あらし』『黒い時計の旅』『ロボット』 »

May 31, 2007

たらいまわしTB企画
第34回「行ってみたいあの場所へ~魅惑の舞台」

Tara34

たら本です。
どなたでも参加できるTB企画。
テーマに沿った本を紹介する記事を書き、
主催者さんや他の参加者にトラックバックやコメントしてね。
※たら本とは
今回の主催はCiel Bleuの四季さんです。

今回のお題は、「行ってみたいあの場所へ~魅惑の舞台」です。
本を読んでいる時に、「ああ、この場所に行ってみたい」と思うことって
ありませんか?
それはどこかの街角かもしれないですし、
雄大な自然の中かもしれません。
過去の歴史の中の場所かもしれないし、架空の世界かもしれません。
紀行文を読んでいて、思わず旅に出たくなってしまうこともあるでしょう。
フィクション、ノンフィクション問いません。
本を読んでいて行ってみたくてたまらなくなった場所があれば、
ぜひ教えて下さい。
もちろん、その本がきっかけで思わず本当に行ってしまった…!
というのもアリです。^^
さて、あなたが行ってみたいと思われるのは、どこでしょう?

行ってみたいところ、いっぱいあります。
特に歴史上の場所。
邪馬台国はどこですか?
邪馬台国はどこですか?
邪馬台国へ行き、果たしてそれがどこにあったのか知りたい。




イエスの王朝 一族の秘められた歴史
イエスの王朝 一族の秘められた歴史
キリストの時代のエルサレムへ行って
聖書に書かれていたことは実際に起きた事なのか知りたい。




ラー
ラー
古代エジプトへ行きピラミッドがどんな風に作られたのか知りたい。




文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの (上)
文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの (上)
古代のイースター島へ行き、
モアイ像がどのように作られたのか知りたい。





バートン版 千夜一夜物語 第1巻 シャーラザットの初夜
バートン版 千夜一夜物語 第1巻 シャーラザットの初夜
ファンタジーなら、アラビアンナイトの世界へも行ってみたいし、




不思議の国のアリス
不思議の国のアリス
不思議の国のアリスの世界へ行って、一緒にお茶会に参加したい。




『五月三十五日』(スケートをはいた馬)の世界へ行き、
コンラートたちと一緒に“なまけ天国”や“偉大なるむかし城”も見てみたい。

容疑者の夜行列車
容疑者の夜行列車
現実に行ける場所としては、
『容疑者の夜行列車』や『深夜特急』のコースで旅してみたい。




深夜特急〈1〉香港・マカオ
深夜特急〈1〉香港・マカオ

銀河ヒッチハイク・ガイド
銀河ヒッチハイク・ガイド
SFならばこれかなあ。





何だか最後は行きたい場所ではなく、
小説の世界そのものに入りこみたいという話になってしまいました(・∀・;)
でも、それが本当は理想。

|

« mixiにコミュを作りました | Main | 『オデュッセイア』『双生児』『夏の夜の夢・あらし』『黒い時計の旅』『ロボット』 »

Comments

私も、今回は参加できそうです。
朝方、四季さんの記事を読んで、ふつふつと考えてますよ。
で、LINさんの記事を拝見してびっくり。
小説の世界そのものにはいりこみたいものしか考えてないことにきづきました。
もうちょっと、現実的に考えてみます。(笑)

惹きつけられてやまない場所。
江原さんがみたら、LINさんの前世は、卑弥呼はたまたクレオパトラ!?
どちらも、女王さまですねっ☆

Posted by: pico | May 31, 2007 at 20:22

>picoさん
こんばんは~。
picoさん、参加できそうなんですね。
嬉しい♪
>小説の世界そのものにはいりこみたいもの
いやいや、私もそれが理想です。
1冊、まるっと体験したい。
いつか、そんなテーマ・パークができるでしょうか。
小説の世界、1冊、まるまる楽しめるような…
>LINさんの前世は、卑弥呼はたまたクレオパトラ
ひゃひゃひゃ(笑)まさか。
お姫様気質はゼロです。
なぜか古代にひかれるんですよねー。
picoさんも、歴史のこの時代がどうも気になるってありません?
それこそ前世と関係あるのかも。

Posted by: LIN | May 31, 2007 at 22:28

久々に参加させていただきました。
アリスのお茶会いいなあ。
銀河ヒッチハイクガイド気になります!!
宇宙にも行ってみたいなぁ。

Posted by: Bryum | June 01, 2007 at 02:21

ご参加ありがとうございます。
わー、いっぱい出てきましたね。
LINさんの「行きたい」は、まず「真相を確かめたい」なんですね。
それで言ったら、私はストーンサークルかなあ。(笑)

>小説の世界そのものに入りこみたい
あ、今回はそっちではなくて、あくまでも場所のつもりだったんです。
でもこの境界線って難しいですね。特にファンタジー・SF系。
登場人物が魅力的であるほど、その場所から切り離せないし…
自分の記事からして、境界線を乗り越えてる気がしますし。^^;

>1冊、まるっと体験
映画の「トータル・リコール」を思い出しました。
脳に直接働きかけて擬似体験する、というのが出てくるんです。
でも「原作とちがーう」なんて不満が出てこないように
作る人には相当頑張ってもらう必要がありそうですね。(笑)
本を読んでる時の脳内映像を超えるものを作ってもらわないと~。

Posted by: 四季 | June 01, 2007 at 06:01

>Bryumさん
Bryumさんの行動力があれば、宇宙にでも行けそうな気がします(笑)
『銀河ヒッチハイクガイド』は、ある日、銀河バイパス建設のために
地球が消滅するところから物語が始まります。
コメディです。

Posted by: LIN | June 01, 2007 at 08:53

>四季さん
>まず「真相を確かめたい」
そうです、そうです。
でも、意外と真実なんてつまらないかもしれないですよね。
卑弥呼はただのおばさんかもしれないし、
ピラミッドもただただ、人力で積み上げているだけかもしれない。
人間の想像力がこれらを夢物語にしていったような気がします。
ストーンサークル!
あれも気になりますねえ。
>あくまでも場所
すみません(・∀・;)
何か考えているうちに、どんどん範囲が広くなってしまって、
気づいたら、1冊まるっと行ってみたいわって話になっちゃって。
『トータル・リコール』は見てないのですが、そういう映画なのですか?
>本を読んでる時の脳内映像を超えるもの
なかなかできないでしょうね。
そう考えると人間の脳って偉大ですね。

Posted by: LIN | June 01, 2007 at 09:05

わあ、LINさんの行きたい場所というか発想はスケールが大きいですね。

『深夜特急』
の旅は20代の頃にまじで考えていました。でも僕はしょっちゅう移動するより、一箇所に長期滞在したいという願望が強いということが数年前に解りました。

今回のテーマ、僕の場合ひとつを除いて金と暇さえあれば行けてしまうような場所ばかりになってしまいましたー。

Posted by: kyokyom | June 01, 2007 at 20:31

>kyokyomさん
なぜか現実に存在する場所はあまり思い浮かばなかったのです(^^;
『深夜特急』の旅、いいですよね。
とはいっても、私はまだ本は読んでなくて(1巻が買ってあるけど)
大沢たかおが出演したドキュメンタリーDVDを見ただけなのですが。
>一箇所に長期滞在したい
あ、私もそっち派です。
旅行ってその街を点で移動するしかないんですもの。
あとで地図で見て、「こういう構造の街だったか」ってびっくりします。
できれば、同じ街に一ヶ月は暮らして、裏通りにも詳しくなりたいです。
>金と暇さえあれば行けてしまうような場所
でもお金と暇ができたら行くかというと、ぐずぐず考えて、
結局、行かなかったりしません?
旅に行くためには、もうひとつ何かが必要なのかもしれません。
勇気?

Posted by: LIN | June 02, 2007 at 08:28

こんにちはLINさん。私も今回は久々参加させていただく予定でいます。

「深夜特急」みたいなきつい旅はしんどいですが(笑)、そこで出てくる国々にはドキドキしちゃいますね。
「アリス」は思い浮かびませんでしたね。大好きです。この物語とおなじオチなら、体験することはままあるんですが・・ね。

Posted by: shosen | June 02, 2007 at 14:32

うわー、うわー、うわー、なんかどれもとっても魅力的なのですが。
特に最初の数冊は、自分では思いつかなかったけれど、言われてみればホントに行って自分の目で見てみたいです。
聖書の記述とかも確かめてみたいし、イエス・キリストとかお釈迦様には実際に会って会話をしてみたいですね~。
小説の世界そのものに入りこみたいというのも、とっても共感できます。考えていると、いつの間にかそちらがメインになってしまいますね。

Posted by: | June 02, 2007 at 15:37

そうか、そうか。邪馬台国。
行っちゃえばいいんですよね。
そうしたら場所がハッキリするわけだから、
後世の人が迷わないように
「邪馬台国ココ」と印を残せばいいんだ。
そっかー、そのテがあったかー、
じゃ、行っとくか、邪馬台国。
・・・ってゆーわけにいかないあたりが、面白い。

Posted by: 菊花 | June 02, 2007 at 17:57

>shosenさん
確かに『深夜特急』の旅は若いうちでしょうねえ。
20代の時に六本木あたりでふらふらしてないで
もっと旅に行っておけばよかったです。
アリス、手元になかったので、購入しました。
いいですよねー。
『鏡の国のアリス』と『地下の国のアリス』は未読なものですから
そちらも併せて読みたいなあと思ってます。
shosenさんはこの2冊、お読みになりました?

Posted by: LIN | June 02, 2007 at 20:43

>高さん
>どれもとっても魅力的
そんな風にいってくださってありがとう(*^^*)
どうも歴史的ミステリーにひかれてしまう傾向があるんです。
聖徳太子が実在したのかどうかも知りたいし、
果たして信長は本当に死んだのかなんてことも知りたいんです。
>小説の世界そのものに入りこみたい
そうなんです。
最初は特定の場所を一生懸命、考えていたのですが、
結局、一冊まるまる行きたいよーって話になっちゃって…(^^;
欲張りですよね。

Posted by: LIN | June 02, 2007 at 20:46

>菊花さん
そうなの、そうなの、邪馬台国。
場所を特定したくないですか?
畿内でも九州でもなく、とんでもない場所にあったら
おもしろいですよねえ。
岩手の八幡平にあったなんて説もあるのでしょう?
もしも、行くようなことになったら、
菊花さんもお誘いしますねー(笑)

Posted by: LIN | June 02, 2007 at 20:51

『鏡の国のアリス』は読んでます。
好み・・っていうかインパクトでは、やっぱり『不思議・・』かな。
ご紹介のは岩波なんですね。
アリスは、ジョン・テニエルの挿絵が不気味でいいですよね。ああ、また読みます。
あ、『地下・・』は知らないです。これも読まなくてはですね・・。

Posted by: shosen | June 02, 2007 at 21:32

>shosenさん
『鏡の国のアリス』はすでにお読みでしたか。
>ご紹介のは岩波
アリスは、いろいろな出版社から出ているのでどれがいいのか
迷ってしまいます。
>ジョン・テニエルの挿絵が不気味でいい
ああ、そうかああああ!!!挿絵!!!
すっかりその存在を忘れてました。
文庫がいいなと思って、今回、Amazonに注文してしまったのは
金子国義さんという方の挿絵みたいです。
失敗した!
挿絵でイメージ、狂っちゃいますよね。
『地下の国のアリス』の完全版は2005年に出版されたばかりなのです。
『不思議の国のアリス』の元になった物語で、かなり大人向けの内容らしいです(笑)

Posted by: LIN | June 03, 2007 at 09:51

LINさん、こんにちは。
>行ってみたいところが歴史上の場所。
私もです。ご一緒出来たら、すごくすごく嬉しいですー。
>古代エジプトへ行きピラミッドがどんな風に作られたのか知りたい。
ホント、私も思います。これって、現代の建築家でも作る事は困難だとおっしゃってるみたいで。
外だけなら出来ても、内部の入り組んだ部屋を同時にあのように作るのは不可能だとか読んだことがあります。
当時の奴隷たちの生活や様子も石版の象形文字で残ってて、休み届けとか出してて結構自由だったようです。
他には、マヤのピラミッドとかも魅かれます。

>『容疑者の夜行列車』
寝苦しいような(?)独特の不思議なお話でしたね。

Posted by: ワルツ | June 03, 2007 at 16:27

「銀河ヒッチハイク・ガイド」は、モンティ・パイソンと並んで、
ネットの技術を築いた英語圏の人たちが大好きな作品です。
ネットやコンピュータの用語のいくつかも、このへんから来てるはず。

笑いによって、常識とされるものから逸脱するパワー。その熱狂。
これが技術者(職人、と呼ぶべきでしょう)には、必要なんですね、きっと。
あと、ヘンな場所でつながりあう、仲間意識(笑)

コンピュータの技術というと、頭でやるような感じですが、
じつは「手に職をつける」のほうだった。
瞬間を制御する知性。
思えば英語のIT関連の用語は独特な感性を持ってる。
(マウスを初めてマウスと呼んだ人の感性とかw)
「ヒッチハイクガイド」も英語が面白いんですよ。

プログラミングの言語が、じつは論理だけではなく、
それ以上に「感覚」であるのかもしれない
…英語圏の技術者の圧倒的な成功の秘密は、そこにあるのかもしれません。
このことが、前からかなり気になっています。

Posted by: overQ | June 03, 2007 at 21:21

>ワルツさん
是非是非、一緒にまいりましょう、迷宮の歴史の世界へ。
ねー、ピラミッドは謎ですよね。
もし行くようなことになったら、吉村作治先生も連れていってあげましょうよ(笑)
エジプト以外なら、荒俣宏先生あたりを連れて行くとおもしろそー。
聖徳太子の時代なら梅原猛先生ですね。
うー、こういうインテリ親父を集めて、ツアーやりたい~(笑)
マヤもいいですね!
そういえばマヤ文明をテーマにした小説ってあるのでしょうか?
少女漫画にありそうな気もしますが…
『容疑者の夜行列車』よかったですよね。
夜行列車って乗ったことがないので憧れます。
日本は狭いですから、夜行列車に乗る機会があまりなくて残念。
恩田さんの『三月は深き紅の淵を』に登場した出雲行きの夜行に
乗ってみたいなあ。

Posted by: LIN | June 03, 2007 at 22:15

>overQさん
>常識とされるものから逸脱するパワー
これ、わかります。
笑いって、常識からのずらしなんですよね。
>英語圏の技術者の圧倒的な成功
日本人ってまじめすぎるんですよね。
偉大な発明って、まじめだとできないと思うんです。
マウスをマウスと呼ぼうという発想は日本人にはないですよね。
某巨大掲示板にしても結構、みんなまじめで、遊びの部分がない感じ?
日本人はみな「モンティ・パイソン」を見るべきなのかもしれません。
かくいう私もまだ見てないんですけどね(^^;
気にはなってます、モンティ・パイソン。

Posted by: LIN | June 03, 2007 at 22:38

こんにちは^^

>歴史上の場所
いいですよねー。ぜひぜひお供させてくださいませ。
邪馬台国に印つけに行きましょう^^
荒又宏と行く古代エルサレム…ううう、素敵(涙)
マヤも惹かれますー。
そういえば、仰るとおり、マヤ舞台の小説ってちょっと思い浮かばないです・・

Posted by: 天藍 | June 04, 2007 at 19:52

わー! 行きたい場所がたくさんだ!
邪馬台国の場所は確かに知りたい。
でも私の場合、タイムマシンで邪馬台国に連れていってもらったとしても、そこが現在の日本のどこになるのか分からなさそう…(汗
なんて悲しい方向音痴。

イースター島はモアイ像も気になりますが、三浦しをんのエッセイで「イースター島の島民は吉井和哉の顔をしている」と読んでから、別の意味で行ってみたくなりました。

Posted by: Mlle C | June 05, 2007 at 00:30

>天藍さん
みんなでまいりましょう、豪華世界歴史ツアーの旅゚*。☆ヾ(´∀`)(´∀`)ノ☆。*゚
>荒又宏と行く古代エルサレム
いいですよね、ううう。
見た目あんなですが、荒俣さんってホント、魅力的な人だなあと
思います。
キムタクとどっちとつきあう?っていわれたら、
まちがいなく私は荒俣さんを選びます。
マヤも謎めいてますよねー。
マヤが舞台の小説ってありそうでないですよね?
マンガだとありそうな気もしますが…

Posted by: LIN | June 05, 2007 at 09:42

>Mlle.Cさん
ねー、邪馬台国の場所は知りたいですよねー。
>そこが現在の日本のどこになるのか
大丈夫、今は携帯電話にナビ機能がついているじゃないですか。
>吉井和哉
誰ですか?この人?(笑)
今、ネットで検索してみたのですが、頬骨がこけているので
モアイっぽいのかも。
しをんちゃん、イースター島とか好きそう(笑)

Posted by: LIN | June 05, 2007 at 09:50

The comments to this entry are closed.

« mixiにコミュを作りました | Main | 『オデュッセイア』『双生児』『夏の夜の夢・あらし』『黒い時計の旅』『ロボット』 »