« 『ハイペリオン』『虐殺器官』「“虞美人草”殺人事件 漱石 百年の恋物語」 | Main | 『あじあ号、吼えろ』『カラマーゾフの兄弟』 »

August 31, 2007

『桜庭一樹読書日記』『去年ルノアールで』『ハイペリオンの没落』『陸行水行』「沢木耕太郎 真夏の夜の夢」

●今週、読んだ本
『桜庭一樹読書日記』by桜庭一樹
桜庭一樹読書日記―少年になり、本を買うのだ。

桜庭一樹が縦横無尽に読んで過ごした、疾風怒濤の1年間。
「Webミステリーズ!」で大好評を博した読書エッセイ。
本文への注釈や書誌データなどを盛り込んで単行本化。
冒頭部分と続編をコチラで読むことができます。

彼女の作品は『赤朽葉家の伝説』しか読んだことがなくて、
正直、イマイチだったのだが、
この本を読み、桜庭さん自身はすごく好きだと思った。
まず生活していくうえにおいて、何よりも読書に重点を置いていることに
好感が持てた。
(作家の日記なので、どこまで本当かはわからないが、
少なくとも桜庭さんに関しては真実なんじゃないかと思う)
桜庭さんの読書量は尋常じゃない。
読むスピードもかなり早い。
読書日記だからかもしれないが、本屋ばかり行っている。
そして桜庭さんの文章には本への愛情が溢れている。
ここで紹介されている本、すべてを読みたくなってしまう。
そんな1冊だった。
昨年出版された『桜庭一樹日記』も読んでみようかなあ。

『去年ルノアールで』byせきしろ
去年ルノアールで

私は今日もルノアールにいた。
客や店員の様子を眺めるうちに、「私」は妄想を暴走させ、
無益な1日を過ごしてしまう…。
無気力派文士の初エッセイ集。
『relax』連載に加筆・修正し、書き下ろしを足して書籍化。
現在、ドラマ化され、TV東京で放送中
秋にはDVD化も予定されている。

街から喫茶店がどんどん消えていっている。
代わりに増殖しているのが○ターバックスや○トールのような
コーヒーショップだ。
それらの店にいるのは、オシャレを気取る若者ばかりで
この本に登場する
“でかでかと黒豹がプリントされたトレーナーを着たおばさん”や
“昼寝するサラリーマン”や“競馬新聞を赤ペンでチェックするオヤジ”はいない。
コーヒーショップでは、みな、コーヒーを飲むとそそくさと立ち上がり、
次の目的地へと向かう。
あくまでも一時的な休憩だ。
しかし、喫茶店の客に次の目的地なんてない。
何の仕事をしているのかもわからない怪しげな常連が、
昼過ぎになると集まりだし、だらだらと株やゴルフの話をし続ける。
そういう場である喫茶店が消えつつあるということは、
日本という国が余裕のない国になりつつあるということだ。
私はコーヒーショップに、オシャレや日常の効率を強要するファシズムさえ感じる。
そういう意味で、ルノアールは「余裕のある国、日本」の最後の砦なのだ。
ルノアールには世間の流れに負けずがんばってもらいたいと思う。

『ハイペリオンの没落』byダン・シモンズ
ハイペリオンの没落〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)ハイペリオンの没落〈下〉 (ハヤカワ文庫SF)

先週、読んだ『ハイペリオン』の続き。
正直、イマイチ…。
『ハイペリオン』は文学の匂いがする作品だったのだが、
『ハイペリオンの没落』は巡礼者VSシュライク、
連邦政府VS宇宙の蛮族アウスター、双方の戦闘シーンの連続であり、
スペースオペラそのもので娯楽作品としての要素が強い。
これは小説を読むより映画で見る方が楽しめるのでは?
(『ハイペリオン』は映画化の話が出ているようですが…)
連邦政府CEOであるグラッドストーンにお抱え画家として招かれた
M・セヴァーンが唯一、文学的な存在に感じた。
しかし、そもそも私が文学的、非文学的と感じる差異は何なんだろう?

『陸行水行』by松本清張
陸行水行 新装版 (文春文庫 ま 1-110 別冊黒い画集 2)

「形」「陸行水行」「寝敷き」「断線」の4作を収録
表題作である邪馬台国について書かれた「陸行水行」が読みたくて
買ったのだが、私が記憶している作品と違った。
邪馬台国について書かれたこれではない短編を読んだ記憶があるのだが…

●今週、聴いたラジオ
沢木耕太郎の「真夏の夜の夢」
TBSで8月19日の深夜1時~4時に放送された。
生放送。
私は録音しておいたものを今週、聴いた。
番組のメインは対談。(ただしこちらは録音)
ゲストは井上陽水と瀬戸内寂聴。
沢木さんの声を初めて聞いた。
語り口が優しく、すっと耳にはいってくる声である。
音楽もJAZZありPOPSありでとてもよかったのだけど、
曲目がわからなかったのが残念。
沢木さんの代表作『深夜特急』を映像化した「劇的紀行深夜特急」の主題歌である
陽水さんの「積み荷のない船」(いい曲です!)がかかってました。

●たら本
Tara37
たら本、第37回が始まっています。
どなたでも参加できるTB企画。
テーマに沿った本を紹介する記事を書き、
主催者さんや他の参加者にトラックバックやコメントをするという趣旨です。
詳細はコチラ
今回の主催は「本を読む女。」のざれこさん
お題は「犬にかまけて」です。
私は今回、紹介のみでお休みします。

|

« 『ハイペリオン』『虐殺器官』「“虞美人草”殺人事件 漱石 百年の恋物語」 | Main | 『あじあ号、吼えろ』『カラマーゾフの兄弟』 »

Comments

桜庭一樹って、気合の入った読書家のようですね。昨日も週間ブックレビューにコメンテイターとして出てましたよ。
『去年ルノアールで』は昨年読みました。どうして今この本が売れるのかがよくわからなかったのですが、ドラマ化までされているんですね。何がうけるんでしょう? 謎は深まるばかりです。脱力系なのかな。

話は変わりますが、LINさん、是非セカンド・ライフに来てください。私のブログにも紹介してあるので何卒よろしくお願いします。
必ず uota Noel宛てにアクセスしてくださいね。約束です!
そのbook&cafeの名前は「relaxin'」です。連載されていた雑誌名といい、喫茶店ルノアールといい、これは神のお告げ以外の何ものでもありません(笑)
お待ちしてま~す!

Posted by: uota | September 03, 2007 at 14:49

>uotaさん
桜庭さん、週刊ブックレビューに出演されてましたね。
私も見ました。
今まで、いろいろな書評本や読書日記を読んできましたが、
桜庭さんの本は変な気取りがなく、本への素直な愛情に満ち溢れています。
機会がありましたら、uotaさんも是非、お手に取ってみてください。
『去年ルノアールで』は最初の数篇はおもしろかったのですが、
その後はもう惰性で書いているような感じでしたね。
帯には「無気力文学の金字塔」とありますが、
文学にまでは昇華しきれてないように思いました。
>セカンド・ライフ
uotaさんたってのお誘いですので、一度、アンインストールしたセカンド・ライフを
再インストールしまして、操作もよくわからず四苦八苦しながら、何とか昨日、「relaxin'」へお邪魔しました。
昼間でしたので、お声かけはしませんでした。
ステキなスペースでした。
池が涼しげでいいですね。
こんなカフェが実際にあったらいいなあって思いました。
レコードプレイヤーは、こちら側で何か操作すると音楽を聴くことができるのでしょうか?
ただ、5分ほどうろうろしているうちにもう3D酔いが…(^^;
再度、アクセスするかどうかは未定です。
uotaさんやhasyosさんがもりあがっていらっしゃるのに、
一緒に遊べなくてホント、残念です。

Posted by: LIN | September 04, 2007 at 10:13

そうそう「無気力文学の金字塔」でしたね。だからあまり意味を求めてはいけないのかも。さすがに文学ではないですね。
セカンドライフのレコードプレイヤーは音楽を流せないダミーです。その気になれば設定もできるのですが、著作権が心配。プレーヤーを作った人の名前もわかるので(笑)
もう一度だけお越しいただけませんか? ポイントは歩き回らないこと。座っているだけで話せますので。
是非もう一度。今夜も23時ごろまでは出入りしてますので。お待ちしてま~す。

Posted by: uota | September 04, 2007 at 20:06

>uotaさん
昨夜はお伺いできずすみません。
私がじっくり腰を落ち着けてネットにアクセスできるのって昼間なんです。
夜は何かとバタバタしてまして…。
今週末が正式オープンですか?
パーティーのようなこともなさるのでしょうか?
オープンパーティーの成功を陰ながら応援しております。

Posted by: LIN | September 05, 2007 at 12:06

いえいえ、来られたらというお誘いでしたのでお気になさらないでください。
週末をとりあえずオープンということにしています。今と何が違うかははなはだ疑問ですが(笑)
パーティーなどという大げさなものはないんです。お越しいただいた方をささやかにおもてなしする程度です。もうすでにプレオープン状態ですし。
週末、よろしければお立ち寄りください。お待ちしてます。

Posted by: uota | September 06, 2007 at 23:21

僕自身はそれがどのような喫茶店であれ、そこで長っ尻することに抵抗を感じてしまいます。文学非文学については良く解りませんが、身体に良さそうな滋養溢れる美味しいお食事と、まあ、旨いんだけど、そればっかり食っていたら病気になるかもよ的な… スナックというか、ファストフードというか… そういうものの違い? しかし、僕自身は健康的な精神を作ろうだなんて思ってもいませんので、身体に良い悪いは関係なく、とにかく旨いと感じるものをいただいております。

セカンドライフは面白いです。
ヴァーチャルなオフ会ですね。変な表現ですが。

実をいうと、ただ単にブログにお邪魔していただけのときと較べ、今の方がより親近感を感じています… uotaさんに 笑。

Posted by: hasyos | September 07, 2007 at 11:31

>uotaさん
「relaxin'」はスペースがゆったりしていますので、たくさん人が入れそうですね♪
ところで、「★ セカンドライフ初 BOOK & CAFE へのご招待」の記事なんですが
「relaxin'」のSLURLをクリックするだけでテレポートできると便利かなあと思いました。
初心者の人(←私だ!)は、手入力する方法がわかるまでが大変だったりしますので…(^^;

Posted by: LIN | September 07, 2007 at 11:50

>hasyosさん
>長っ尻することに抵抗を感じてしまいます
もちろん、そういう方もたくさんいると思います。
ただ、現代社会は、喫茶店でだらだらする人々を許容しない時代というのか、
何もかもがスピードアップを要求されているような気がするのです。
そういう意味で○ターバックス的な店に反発を感じます。
>とにかく旨いと感じるもの
私は、ここ数年で体質が変わったのか、ジャンク的な食品を受け付けなくなりました。
○クドナルドはもう10年近く食べてなかったのですが、コンビニのおにぎりとか
ペットボトルドリンクとかも受けつけなくなってしまって…。
今は、新鮮な食材を調理したてのものが一番おいしく感じます。
>セカンドライフは面白いです。
実は「relaxin'」にお邪魔した時、hasyosさんとyueさんのお家も拝見させていただきました。
ステキなお家ですね。
ただ私自身はやっぱりセカンドライフは苦手かな(^^;
セカンドライフと似ているなあと思うのが、私が一時期はまっていたシムズというゲームです。
http://www.thesims.jp/
自分に似たシムズを作り、家を建てたりして箱庭的遊びを楽しむものなのですが
一時期、オンラインで他のシムズと交流ができるサービスをしてました。
このゲームでは3D酔いはしなかったんですけどねえ…

Posted by: LIN | September 07, 2007 at 12:07

ああ、僕がいっているのは本の話です…
  「とにかく旨いと感じるもの」

Posted by: hasyos | September 08, 2007 at 22:10

あ~、SURLでリンクしてあるつもりだったのですが。つもりだけでした(笑)
早速設定します。だから、来てね。

Posted by: uota | September 09, 2007 at 00:54

>hasyosさん
そういうことでしたか!
確かに、コメントを拝見した時、「文学非文学については良く解りませんが…」の後、
どうして唐突に食べ物の話になったのかなあとは思ったのです。
>とにかく旨いと感じるもの
そういう読書が一番ですよね。

Posted by: LIN | September 09, 2007 at 10:07

>uotaさん
オープニングパーティーはいかがでしたか?(*^^*)
>だから、来てね。
すみません…プログラム、アンインストールしちゃったんです(^^;

Posted by: LIN | September 09, 2007 at 10:13

LINさんこんばんわ。おはなです。
ちょっと古い記事だけど『ハイペリオン』にいっちょかませてください。
『‥没落』は今イチということで、『ハイペリオン』だけ読んでどうしたものかと思っていた私もこれで心置きなく引導を渡せそうな(笑)。いや、『ハイペリオン』自体は面白かったのですが、SFが苦手なんですよ。でも続編があると気になるでしょ?なのにダン・シモンズってばかみたいに分厚いんですもん〜。私はこの人のデビューの『カーリーの歌』だけ読み『イリアム』で再会するまでずっと忘れていました。名前に何か聞き覚えあるなぁと思っていたら、こんなに変わっちゃったのだねと感慨深いものが(笑)。ところで私はナボコフファンなのですが、このダン・シモンズもかなり強烈なファンではないかとにらんでいます。
今日は突然の涼しい一日。信じてもよいのかしらね。本物の秋をひたすら待ちこがれつつ。LINさんも夏バテなどお気をつけ下さいね。

Posted by: おはな | September 11, 2007 at 02:49

>おはなさん
こんにちは~♪
『ハイペリオン』と『ハイペリオンの没落』はまったく違う作品といっていいです。
『ハイ没』はスターウォーズっぽいと私は思いました。
でも『ハイ没』の続きの『エンディミオン』の方がもっとスターウォーズっぽいようです。
ちょうどそういう作品が好まれる時代だったのでしょうか?
私はSFが好きなんですが、スペース・オペラといわれる宇宙戦争ものには
まったく興味がもてないので『エンディミオン』以降は読まないと思います。
>SFが苦手なんですよ
女性の方でSFが苦手な人って多いですよね。
でもでも、SFでもすばらしい作品がいっぱいあるんですよ~。
といっても私もそれほど詳しいわけではないのですが…(^^;
やや行きづまった感のある文学ですが、今後、SFによって未来が切り開かれるんじゃないかと
私は思ってるのですが…
>私はナボコフファン
ナボコフって読んだことがないのです。
やはり最初は『ロリータ』からですかねえ。
>本物の秋
今年はラニーニャ現象で秋がないといわれてますよね。
地球温暖化で、日本の四季がなくなるかもしれないそうです。
日本の四季は美しいので、そんなことになってしまったら悲しいですよね。

Posted by: LIN | September 11, 2007 at 10:58

The comments to this entry are closed.

« 『ハイペリオン』『虐殺器官』「“虞美人草”殺人事件 漱石 百年の恋物語」 | Main | 『あじあ号、吼えろ』『カラマーゾフの兄弟』 »