« 『桜庭一樹読書日記』『去年ルノアールで』『ハイペリオンの没落』『陸行水行』「沢木耕太郎 真夏の夜の夢」 | Main | 『今日の早川さん』『カラマーゾフの兄弟』 »

September 08, 2007

『あじあ号、吼えろ』『カラマーゾフの兄弟』

●今週、読んだ本
『あじあ号、吼えろ』by辻真先
あじあ号、吼えろ!

あじあ号とは昭和9年から昭和18年にかけて満州で運行していた
特急列車である。
この小説は、ソ連参戦が噂される昭和20年8月の満州が舞台。
国策映画撮影のため、満鉄が誇る超特急あじあ号がハルピンを出発した。
乗客は、東邦映画のスターとその付き人、ハルピンの高級料亭の芸者、
満映の女優とその付き人、満州日日の記者、関東軍中尉。
そして貨車には謎の積み荷。
果たして列車はどこへ向かうのか?

著者自身が鉄道ファンということで、鉄道冒険小説を書きたかったのだとか。
実際、鉄道マニアにはたまらない作品だと思う。
が、鉄道マニアでない私でも楽しめた。
先が気になり、一気に読んでしまう。
しかし、戦争がテーマであるにも関わらず、全体的に作品が軽いのが気になった。
登場人物もみな爽やかで、悲壮感がない。
それでいて後半、ばたばたと人が死んで(←ネタばれOKの方のみドラッグしてね)
後味が悪い。

『カラマーゾフの兄弟』byドストエフスキー
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)

話題の亀山訳で再読中。
(一度目は原卓也訳で読みました)
今週は2巻を読了。

|

« 『桜庭一樹読書日記』『去年ルノアールで』『ハイペリオンの没落』『陸行水行』「沢木耕太郎 真夏の夜の夢」 | Main | 『今日の早川さん』『カラマーゾフの兄弟』 »

Comments

こんにちは!
今日の朝日新聞の広告に、『カラマーゾフの兄弟』ついに36万9千部突破とありました。50万部いくかどうか、おはなさんと賭けているのですが(どっちが、どう賭けてるのが不明というのが難点・笑)あながち、実現不可能ではない数字になってきました。LINさんは原卓也訳ですか、私は米川正夫・訳で読みました(新訳手付かず)。亀山さんの講演に行きましたが、米川訳の不正確さが、原訳では解消されたが(原さんは亀山さんの恩師だそうですが)リズム感も失ってしまった。そのため米川訳の現代語版を目指したと話されていました。と書きつつ私も新訳読まねば、です。

Posted by: カンナ | September 09, 2007 at 18:25

>カンナさん
こんにちは~♪
『カラマーゾフの兄弟』はAmazonのベストセラーランキング100にも
ずっとはいってますよね。
光文社版だけじゃなくて新潮社版も売れているとか。
>米川訳の不正確さが、原訳では解消されたが…
米川役、原訳、亀山訳にはそんな関係があったのですか!
いずれ、米川訳も読んでみたいです。
亀山訳はホント、読みやすいですよ。
びっくりするくらいあっという間に読めちゃいます。
「本を読む人々。」の「古今東西の名作を読もう」コミュに
みんなで『カラマーゾフの兄弟』を読むトピがありますので
カンナさんもこの機会に一緒に読みませんか~?

Posted by: LIN | September 10, 2007 at 10:23

名作コミュ覗かせていただきました。皆で楽しげで良いなあ、とも思うのですが、なかなか集団に入ることが出来ないため(性格上の問題・笑)ミクシイでも何にも入らず…もうしばらくジプシーでフラフラしていようと思います。でも声をかけて下さったLINさんのご親切には感謝しています。
古典新訳文庫は、何冊か読んでいますが、確かに読みやすいですね。43歳の堀江敏幸さんが老眼だから助かると(笑)、今月発売された『赤と黒』の翻訳者の野崎歓さんとの対談で仰っていました。表紙の線画は、国によって、あらかじめ色が決まっているから、赤と黒でもフランスカラーの青と言うのが残念だとも。翻訳本が好きなので、その市場が(で良いのかな?)活性化するのは楽しいものです。

Posted by: カンナ | September 10, 2007 at 17:02

>カンナさん
名作コミュ、のぞいてくださったのですね~♪
>なかなか集団に入ることが出来ない
わかります~。
私も以前から仲良しだった方々とはいくらでもお話できるんですけど
初めての方とお話する時はとても緊張します。
気が向いたら書きこみしてくださいね。
>堀江敏幸さんが老眼
え!43才でもう老眼なのですか?
>国によって、あらかじめ色が決まっている
あ、そうだったのか~。
色が違うなあとは思っていたのですが。
ロシアが赤、フランスが青、英米が緑、ドイツが黄色?
あれ?イタリアはフランスと一緒?
>翻訳本が好き
カンナさんは翻訳ものがお好きなのですね。
古典新訳文庫がこれだけもりあがってますから、翻訳ブーム、しばらく続くのではないでしょうか?
私も最近の日本の小説には失望しちゃっているので、翻訳には大いに期待したいです。

Posted by: LIN | September 11, 2007 at 10:31

老眼は、実は、25歳を過ぎた頃から誰もがなるものらしいですよ。
症状が出ているのが自覚出来ないだけなんだとか。 
あなおとろちや、あなたもわたしもろうがんろうがん。

Posted by: ユイー | September 13, 2007 at 00:36

>ユイーさん
>老眼は、実は、25歳を過ぎた頃から誰もがなる
え?ホントですか!
私は近眼・乱視なので、これで老眼の症状も出てきたら、目もあてられないです。

Posted by: LIN | September 13, 2007 at 09:00

The comments to this entry are closed.

« 『桜庭一樹読書日記』『去年ルノアールで』『ハイペリオンの没落』『陸行水行』「沢木耕太郎 真夏の夜の夢」 | Main | 『今日の早川さん』『カラマーゾフの兄弟』 »