May 19, 2007

Soup de poisson,『若い芸術家の肖像』

いつもパンケーキには森永のメープル・シロップを使っているのだけれど
今日はカナダ産のピュア・メープル・シロップをかけてみた。
甘くない…
本物のメープル・シロップは甘くないものなのか?
ってことは森永はメープルシロップに加糖しているってことなのか?

スープ・ド・ポワゾンが好きなのだけれど、
メニューにある店がなかなかない。
ここいらのフレンチレストランだったら
スープといえばせいぜいポタージュとコンソメだ。
パスタをメニューに加えているフレンチレストランさえある。
スープ・ド・ポワゾンに話をもどす。
ポワゾンといっても毒ではない。
魚のスープである。
先日、煮魚にでもしようといさきを買ったのだけれど、
たまには目先を変えようとCOOKPADでレシピを探して、
「いさきのアクアパッツァ」というのがあったので作ってみた。

~材料~
いさき 大きめのもの 一尾
あさり ひとパック
トマト 小2個
にんにく 2片
アンチョビ 3キレ
大葉 5枚ほど
塩、こしょう 適宜
オリーブオイル 適宜
水 100cc~150cc
白ワイン 50cc~100cc

1.いさきはうろこ、内臓をとってきれいに洗う。
塩をして、10分ほど置いて生臭さをとり、もう一度水洗いする。
2.いさきの水気をペーパータオルでとり、塩、こしょうをする。
3.トマトはくし型にカット、アンチョビはみじん切りにする。
にんにくはつぶしておく。
4.浅めの鍋かフライパンにオリーブオイルを少々多めにしき、いさきを両面焼く。
途中でにんにくを入れる。。
5.いさきが焼けたら、ペーパーで余分なあぶらをとり、あさり、トマト、アンチョビを入れる。
水と白ワインを加え、ふたをしてあさりが開くのを待つ。
6.あさりが開いたら、塩こしょうで味をととのえ、オリーブオイルをたらす。
火を止め大葉をのせ完成。

食べてびっくり。
なんとこれがスープ・ド・ポワゾンだったのだ。
スープ・ド・ポワゾンとアクアパッツァは同じものなのか?
スープ・ド・ポワゾンのレシピを改めて調べてみると
にんじん、タマネギ、セロリ、生クリーム、海老などを
加える場合もあるようだが…

若い芸術家の肖像ジョイスの『若い芸術家の肖像』を
一応、読み終えたのだけれど
ストーリーを追ったというだけで
細かい箇所はまったく理解できていない。
翻訳者、丸谷才一の解説によると
主人公の名前ディーダラスは、
ギリシア神話に登場するダイダロスの英語名で
作品の中で何度もその相関関係が示されるのらしいのだが、
ギリシア神話をきちんと読んだことがないので、さっぱりわからない。
童話から日記まで、さまざまな文体と形式が収められているというのは
何となくわかった。
著名な詩がたくさん引用されているのだが、
私は詩が大の苦手なので、その味わいがわからない。
そもそもディーダラスが詩人を目指しているので、
全編にわたって詩的表現満載である。
それがまたちょっと大袈裟過ぎる感じがする。
まるで舞台でセリフをいっているような感じ?
ディーダラスがある悩みを抱え、宗教的に追い込まれるシーンがあるが
あの悩みも『カラマーゾフの兄弟』のアリョーシャの悩みに比べると
くだらない気がする。

とりあえず『ジョイスを読む』という本を買って理解を深めることにする。
『ユリシーズ』と『オデュッセイア』も注文。
ジョイスを読むユリシーズ〈1〉ホメロス オデュッセイア〈上〉

| | Comments (12)

March 06, 2007

辰巳芳子さんについて再び

Tatumi_yoshiko

この間も記事にしましたが、
昨夜、NHKで、日本のターシャ=テューダー、辰巳芳子さんの一年を取材した番組が
再放送されました。
先月、ハイビジョンで放送した時、録画しそびれたのでよかった!

辰巳芳子、82歳。
今、最も注目を集める料理家である。
「あなたのために いのちを支えるスープ」と題した著書は
12万部を越える大ベストセラー、
あなたのために―いのちを支えるスープ
自宅で開く料理教室は予約が3年先まで埋まっている。
番組は、鎌倉の自然の移ろいとともに、辰巳さんの四季を見つめた。
春、豊かな自然の恵み、菜の花、竹の子、ふき。それらを自ら摘み取り、
手間をかけた仕事で食卓に運ぶ。
灰汁の抜き方、味の入れ方、保存の仕方、母から娘へ代々受け継がれてきた
繰り返しの中に、辰巳さんがこだわる“生き方の基本”がある。
夏、辰巳さんの元に一通の手紙が届く。
600人を越える入院患者に、辰巳さんのスープを飲ませたいという
高知市の病院からだ。
実現すれば、辰巳さんの30年来の夢が叶うことになる。
実は、辰巳さんのスープは病いを受け嚥下困難に陥った父のために、
8年間毎日工夫を重ね作り届けた経験が元になっている。
手間を重ねた料理は、食べる人が“愛されている”ことを
確かに感じる“励まし”なのだと語る辰巳さん。
さらに秋、冬と季節を追いながら、日本の食文化の豊かさと、
料理を通して人生の心得を説く辰巳さんのことばを記録する。

その辰巳さんが数日前、ラジオ番組のNHKカルチャーアワーで
ダシについてお話されていました。
シェーンハイマーという学者が、実験で、ラットの腸に、牛乳から採ったタンパク質を
入れてみると、腸が懸命に働く様子が見えたそうです。
ところが、牛乳から採ったものと同じ成分で合成された化学物質を入れても
ラットの腸は反応しない。
だから、インスタントのだしではダメですよと、辰巳さんはおっしゃるわけです。
(ある時、辰巳さんの講演会に金銭的余裕のある奥様が200人集まったそうですが、
その中で、だしを取るという人は30人だけだったそうです!)
食べるということは、エネルギーの補給だけではなく、日々、細胞を刷新しているんだそうです。
いい加減な食事をしていると、いい加減な体になってしまいます。
コンビニのおにぎりとか、冷凍食品とか、命が感じられない食べ物は
私はダメだと思ってます。
(アンチファーストフードの私は、この間、チャールズ皇太子が
「マクドナルドは禁止すべきだ」と発言した時は、胸がすっとした)
かくいう、私も、ダシはついつい、インスタントを使ってしまってました。
今後は、かつおぶし、煮干、昆布で、きっちりダシを取ろうと思います。
TVの方では、辰巳さんの家の畑で育った菜の花を軽く炒めて味付けたものを
ご飯の上にのせた、菜の花丼がおいしそうでした。
私も今後、辰巳さんのように丁寧な食事づくりを心がけていきたいと思いました。

辰巳さんの新刊が出ました↓
辰巳芳子慎みを食卓に―その一例

| | Comments (14)

May 15, 2006

料理は実験だ!その3「和風パスタ 」

Wafupasta

<関連記事>
料理は実験だ!その1「いももち」
料理は実験だ!その2「かぼちゃとエリンギのスープ 」
「まだ、その3なのかよっ!」というツッコミはなしで…(^^;

nyuさんと「料理は癒されますよねえ」なんて話をしたり
mowさんが、私の記事に触発されて肉じゃがを作ってくださったり
料理の話は楽しいですね。


で、調子にのって、和風パスタを作ってみましたよん。
パスタを、ツナ、なめたけ、大葉、大根おろしであえて
海苔をかけるだけの簡単パスタです。
詳しいレシピはこちら
味がちょっと薄かったので、後からなめたけを増やしました(;´Д`)
これから夏にかけて、食欲のない時にいいかも。
週末、他にも「きゅうりのひんやり漬け」とか
ごぼうのみそバターきんぴら」を作りました。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ろぷさんに教えていただいた『猫文学大全』を買いました。
(絶版なので、中古でした手に入らないです)

収録作は
・ウェブスターの物語(P.G.ウッドハウス)
・動物園にて(マーク・トウェイン)
・トバモリー(サキ)
・まずいと思ったら毛づくろい(ポール・ギャリコ)
・自由への道(ジャン・ポール・サルトル) 
などなど…
多分、全部、猫が出てくる小説、のはず…

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

昨日の週刊ブックレビューを見て、
やっぱり金井美恵子の『スクラップ・ギャラリー 切りぬき美術館』を
買うことにした。
金井さんならではのチョイスで、金井さんならではの文体で
マティス「赤いアトリエ」やルノワール「息子、ジャン」など
絵画について書いているエッセイです。

スクラップ・ギャラリー 切りぬき美術館

他に
福永武彦著『現代語訳 日本書紀』
高木彬光著『成吉思汗の秘密』
保坂和志著『途方に暮れて 人生論』
も注文。
現代語訳 日本書紀成吉思汗の秘密 新装版途方に暮れて、人生論

| | Comments (18)

December 09, 2005

調味料バトン

おぽんちNote♪のponちゃんから調味料バトンを受け取りました。
味覚が保守的なので、非常につまらない回答になってしまいました( ̄┰ ̄*)ゞ

【Q1】次のメニューにどんな調味料をかけますか?薬味は含みません。
目玉焼き→中濃ソース   
納豆→一緒についてるたれ&カラシ 
冷奴→薬味どっさり+しょうゆ
餃子→酢じょうゆ+ラー油
カレーライス→何もかけない
ナポリタン→何もかけない
ピザ→何もかけない
生キャベツ→ドレッシング
トマト→ドレッシング
サラダ→ドレッシング
カキフライ→中濃ソース
メンチカツ→中濃ソース
コロッケ→中濃ソース
天ぷら→おいしいのは塩、それ以外は天つゆ
とんかつ→中濃ソース
ご飯(おかず無しの時)→調味料じゃないけど納豆。

【Q2】周囲に意外だと驚かれる、好きな組み合わせはありますか?
意外ではないけれど、かなりの酸っぱいもの好き。
酢だこ、梅干し、ピクルスなど。
最近、はまってるのがごぼうとにんじんの酢味噌漬け。

【Q3】それが一般的なのだとは知っているが、苦手な組み合わせはありますか?
かつおのお刺身+にんにくおろし。
フライ+タルタルソース

【Q4】バトンをまわしたい5名は誰ですか?
ご興味ある方はご自由にバトン、持っていってください。

| | Comments (16)

June 04, 2005

バルサミコ酢メモ

barusamiko

バルサミコ酢…買ってはみたものの使いこなせず私は捨てたことがある。
みなさんは台所にバルサミコ酢、ころがしてませんか?
先日、TVで「バルサミコ酢の活用方法」を特集していたのでここにメモ。

●サラダドレッシングの黄金比率
オリーブオイル大さじ2.5+バルサミコ酢大さじ1(7対3の割合)と塩、こしょう
この割合からちょっとでもはずれるとまずくなるそうです

●バルサミコ酢を飲む
バルサミコ酢を分量が3分の1から4分の1になるまで中火で煮つめる。
煮つめたバルサミコ酢大さじ1+牛乳orオレンジジュース

●餃子たれ
バルサミコ酢:オイスターソース=2:1

●トンカツに
バルサミコ酢:ケチャップ:中濃ソース=3:2:1

●丼
ごはんの上にカツオ、青しそ、しょうがをのせる。
そのうえにバルサミコ酢:しょうゆ=1:1を。

●煮こみ
鶏肉に塩、こしょう、小麦粉をして炒める。
玉ねぎ、エリンギを加える。
バルサミコ2分の1カップ、トマト水煮1缶、水1カップを加え、
塩で味をととのえる。
最後にゆでたいんげんを加える。

| | Comments (14)

May 20, 2005

焼きそばまん

yakisobaman

昨日、「どっちの料理ショー」で餃子VSニラレバ炒めの対決をやっていて
とてもおいしそうだったので一日中「餃子ぁ~~~っ!」と叫んでいたら
餃子が届いた♪

いや、先週、nyuさんのこちらの記事を拝見して注文したのが
たまたま今日、届いたというだけの事なんですが…(^^;
食べたかったのは写真の「焼きそばまん」だったんですが、
一緒に餃子も注文したんだっけ。
我ながらグッド・タイミング!
食べたら、また感想を書きますね。

ちなみにやきそばパンマンはこの人↓
yakisobaman

| | Comments (8)

March 09, 2005

にんにくが消化できない

今夜はイタリアン。

italian2005.3.9-1
前菜。
真ん中のレバーテリーヌうまし。

italian2005.3.9-2
じゃがいものニョッキ。

italian2005.3.9-3
からすみとルッコラのパスタ。
ルッコラっておいしいですよね。

italian2005.3.9-4
魚の上に魚介のトマトソースをかけたもの。
この中にごろっとしたにんにくのかたまりが入っていて
イカとまちがえてうっかり食べてしまう。
にんにく味は好きなんだけど、
実はガーリックチップで胃けいれんを起こしたことがあり
それ以来、にんにくそのものを食すのはさけてきた。
今夜、胃けいれんが起こりませんように・・・ ( * ̄)m 〔十〕 アーメン
にんにく効果なのか今、鼻血が出そうです(笑)

italian2005.3.9-5
ランポーネというデザート。
ラズベリーとホワイトチョコのケーキ。
もっとねっとり濃厚かと思っていたらふわふわ軽い。

| | Comments (4)

February 23, 2005

食生活には危険がいっぱい

mort_a_creditさんの記事に賛同なのでトラックバック。

私も、スーパーやコンビニで食品を買う時は、必ず原材料名を見る。
ずらずらとわけのわからないカタカナが並んでいる食品はできるだけ買わない。

たとえばジュースなんて「100%ジュース」と書いてあっても香料がはいっていたりする。
100%じゃないじゃん!
でも、「果汁、香料」だけならまだいい。
ただのジュースなのに、知らない名前が5品目以上入っているドリンクなぞ怖くて飲めない。
だから、私はもっぱら、ミネラルウォーターか自分でほうじ茶やコーヒーを入れて飲む。
ペットボトルドリンクは飲まない。
あ、牛乳も飲みます。
ただ、最近の牛乳は食品添加物が入っているものもあるのでご注意を!

油の場合、サラダ油は一切、使わない。
自分では一番、自然に近いと思っているオリーブオイルのみ。
その代わり、中華でも和風でもぜんぶオリーブオイルで調理する(笑)
パンはあまり食べないけれど、その時はバターを使う。

もちろん、まったくジャンクを食べないというわけじゃない。
「とろけるバナナプリン」とか食べてるし(笑)
外食だってする。

だけど、mort_a_creditさんも書いているように消費者である私たちが
「No!」といわないと、メーカーは消費者をバカにして
平気で体に有害な食品を作り続けると思う。
メーカーは私たちが思うほど良心的じゃない。

せめて、自分の知らない名前が原材料名に書いてあったら
それが何なのか、疑ってみるべきだ。

追記
ちなみに、そもそも、自然であるはずの魚自体に水銀が含まれているのではないかとか
そのあたりまで考えだすと食べるものがなくなってくるので、考えないようにしてます。

| | Comments (10)

January 26, 2005

海鮮居酒屋

お寿司も食べられる海鮮居酒屋に行ってきました。
お魚料理が豊富です。

sunomono
酢の物。
シメサバとかイカとかタコとか赤貝とか具沢山。

asupara
アスパラの牛カルビ巻。
巻いてある牛カルビがまた、高級ステーキといってもいいくらい激ウマ!

gindara
銀だらの煮付け。
最近、スーパーでおいしそうな銀だらが売ってないので、ひさしぶりに食べました。

| | Comments (12)

January 25, 2005

マタドール

pic_0553.jpg

テキーラ 30ml
パイナップルジュース 45ml
レモンジュース 15ml

| | Comments (6)