October 06, 2007

今までご覧いただきありがとうございました

第38回たら本も始まっておりますが、
本日をもちまして「やっぱり本が好き」をクローズします。
長い間、ご覧いただきありがとうございました。
小説をほとんど読まなかった私が
ふとしたきっかけで小説を読むようになり、
読んだ感想を記録にしておこうとこのブログを始めて3年半。
読んだ本の数は365作品。
(上下巻は2冊で1作品としてカウントしてます)
しかし、今、読書以外のことに興味があることもあって、
本への気持ちもちょっと一段落。
今後、本の記事が大幅に減ってしまうことが予想されます。
それでもここでブログを続けることも考えたのですが、
ブログタイトルが「やっぱり本が好き」となっている以上、
変かなと。
今まで「やっぱり本が好き」をご愛顧いただきありがとうございました。

※ここは自分の閲覧用に残しておく予定ですが、
コメントはできないようになっております。

~おまけ~
この3年半に読んだ全作品の中から選んだベスト10。
順不同です。

『新リア王』by高村薫
『黒後家蜘蛛の会』byアイザック・アシモフ
『城』byカフカ
『ダロウェイ夫人』byヴァージニア・ウルフ
『高丘親王航海記』by澁澤龍彦
『銀河ヒッチハイクガイド』byダグラス・アダムス
『西行』by白洲正子
『家守綺譚』by梨木香歩
『黒い時計の旅』byスティーヴ・エリクソン
『ハイペリオン』byダン・シモンズ

純粋なSFは『銀河ヒッチハイクガイド』と『ハイペリオン』だけだけど、
ある意味『城』『高丘親王航海記』『家守綺譚』『黒い時計の旅』も
SFといえなくもない。
私は時間と空間がねじれたような作品が好きなのかもしれません。

| | Comments (0)

August 11, 2007

『ユリシーズの謎を歩く』

残暑お見舞い申しあげます。
って、全然、残暑などというやわな暑さじゃないけど…(・∀・;)

結城英雄著『ユリシーズの謎を歩く』を片手に『ユリシーズ』を読みつつ、
亀山訳『カラマーゾフの兄弟』やカート・ヴォネガット著『国のない男』を
並行読み中。

「ユリシーズ」の謎を歩くユリシーズ〈2〉 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)国のない男

『ユリシーズ』は、狭いダブリンの街で、同時多発的に大勢の人間が動いているので、
ダブリンの大きい地図を買って、マッピングしたくなる。
『ユリシーズ』を生涯かけて読み解くのはもしかしたら楽しいかもしれない。

亀山訳『カラマーゾフの兄弟』は確かに読みやすい。
が、ロシア文学研究者の沼野氏は亀山訳『カラマーゾフの兄弟』について
こういっている。

「問題は、ドストエフスキーの小説は様々な声が競い合う壮大な悲喜劇であり、妙な口癖が入り乱れた言語のカーニバルのような異様さがはたして翻訳で伝えられるかということだ。
少なくともそういった側面は、あまりに滑らかなリズムの新訳からは伝わってこない」

「もっとも、私は亀山訳を批判したいのではない。
そもそも、読みやすい口語体が平板になりがちなのは、
現代の日本語じたいが抱える貧しさの問題でもあるだろう」
毎日新聞 今週の本棚より)

よく「おもしろくてページをめくる手が止まりません」というが、
私はそういう読書は苦手である。
1ページ読んで、3ページもどるような読書が好きだ。
「おもしろくてページをめくる手が止まらないような読みやすい本」というのは
簡単にわかったような気になってしまう危険性がないだろうか?
「読みやすい本」を次から次へと何百冊と読むより、
「読みにくい本」を1年かけてじっくり読む方が私はいいなあ。

お盆休み用に
『マリナー氏の冒険譚』byP.G.ウッドハウス
『紅楼夢の殺人』by芦辺拓
『青年の完璧な幸福』by片岡義男
も待機させてある。
マリナー氏の冒険譚 (P・G・ウッドハウス選集 3)紅楼夢の殺人 (文春文庫 あ 45-1)片岡義男 短編小説集「青年の完璧な幸福」 (SWITCH LIBRARY)

でもきっと『ユリシーズ』と『カラマーゾフの兄弟』でいっぱいいっぱい(・∀・;)

みなさまも楽しい夏休みをお過ごしくださいね。

| | Comments (27)

April 08, 2007

わたしの名前は長谷川まりこ56

気持ちのよい日曜日である。
空気の感じがちょうどよい。
ただでさえ、つまらないTV(地上波)が
年度がわりのせいで特集番組ばかり放送していて、
ますます見たい番組がない。
そんなわけで、YouTubeの動画をTV感覚で見ることができる
rimo(リンク先音有り注意)を見ている。
関東では放送されない関西のお笑い番組が見れるのがよい。
最近のお気に入りはシャンプーハット。
「わ・た・しの名前は~ 長谷川まりこ56~
好きな食べ物は~ 満月ポンポンポポン~
満月ポンさえあれば~ いつまでもポンポポ~ン♪」

それと、LalaTVで放送中のSATCを今頃になって
エピソード1から見始めた。
Ep19_carrie_girls_steps
ニューヨークに住む30代の独身女性4人の日常生活を
コミカルに描いた作品。
4人がやらかしてしまう恋愛の失敗を見ていると、
同じような失敗をした自分の過去を思い出してしまって
心が痛い…

読書は
塩野夏生の『ローマ人の物語』と高山なおみの『日々ごはん』と
京極夏彦の『陰摩羅鬼の瑕』を交互に。
ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上)    新潮文庫日々ごはん〈1〉文庫版 陰摩羅鬼の瑕

『ローマ人の物語』はローマの歴史書なんだけれど、
Wikipediaによると

日本の書店や図書館などでは歴史書として扱われていることもあるが、
大半の研究者からは、実証研究や史料に基づかない記述がある、
客観性や反証可能性を放棄した安直な断定が許される
という意味合いにおいて小説と捉えられている。

なんだそうである。
私は、正しいかどうかよりも、大胆な仮説の方を好む。
梅原猛の『隠された十字架』のように。
実際、『ローマ人の物語』は歴史書を読んでいるというより、
小説を読むようなおもしろさがある。

『日々ごはん』は料理家である著者のごはん日記
他人のごはん日記を読むのって大好き。
井上絵美さんの『おいしいものに恋をして』とか
こぐれひでこさんの「ごはん日記」とか。

『陰摩羅鬼の瑕』はまだ読み始めたばかりだけれど、
いつものおどろおどろしさがないような気がする。
あまり評判よくないようなので、期待はしないけど…。

| | Comments (2)

February 04, 2007

料理は心~辰巳芳子さんのスープ~

Tatusmiyosiko

料理が好きになったのはここ数年。
栄養科卒なので、そこそこできると思うのですが、
料理、ずっと嫌いでした。
ある時、本屋で「100文字レシピ」という本に出会いまして、
それまで料理というのは手間がかかるもの、手間をかけるもの
というイメージがあったんですが、
「5分でも料理ってできるんだ!」と気がついてから、
気軽に料理をするようになりました。

そんな私が、昨夜、はじめて市販のルーを使わないで
クリームシチューを作ってみました。
いやあ、できるんですね、ルーを使わなくても。
コンソメで煮こんだ野菜スープに手作りのホワイトソースを
いれればいいだけです。
ホワイトソース自体は味がないので
「これがうまくなるのか?」と半信半疑でしたけど
いやー、これが、市販のよりおいしい!
何より、脂っこくないです。
いつもは、何度洗ってもべたべたしている鍋が
さらっと簡単にきれいになりました。

スープつながりの話ですが、昨夜、NHKハイビジョンで
「おいしさを持ち続けて~料理研究家 辰巳芳子の四季~」
という番組を放送してました。
(2月9日14時~再放送します)
辰巳さんは父親の介護をきっかけに、ずっとスープの重要性を
訴えてきました。
昨年の夏には高知市の病院で、全入院患者に辰巳さんのスープを
提供したんだそうです。
その病院の副院長さんが、ある時、重い病で体力も貪欲に落ちてしまった同僚に
辰巳さんの「あなたのために~いのちを支えるスープ」という本を参考に
にんじんのポタージュを作ったら「おいしい…」と全部、飲み干したのが
きっかけとか。
私、栄養科卒で、病院実習を体験したことがあります。
病院というのは、何百食も提供するうえに、病気によって塩分を変えたり
食べる量が違ったりするので、それはもう大変なわけです。
流動食もばたばたとおざなりに作ったような気がします。
でも、それではダメで、体が弱っている人にこそ(本当は健康な人たちにも)
心のこもった料理を提供することが大事なんですよね。
料理って相手を思う心だなあとつくづく感じました。

あなたのために―いのちを支えるスープあなたのために―いのちを支えるスープ
辰巳 芳子

文化出版局 2002-08
売り上げランキング : 74

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

健康のためには、食とともに運動も大切。
運動嫌いな私が、こりもせず、今回は、
深夜の通販番組で放送している「ビリーズブートキャンプ」を
買いました。
本当はロハスっぽいのはヨガなんですけど、
あののんびりした動きはどうもやせるような気がしない…

到着は一週間後。
届いたら、またレポートします。
内容はこんな感じ↓

| | Comments (10)

January 30, 2007

不都合な真実

234x60

環境関連でびっくりしたニュースをふたつ。

干ばつに苦しむオーストラリア北東部クインズランド州政府は
28日、下水を飲料用にリサイクル処理した水を同州の一部で
2008年から使用すると発表した。
州政府のビーティー首相は、
「大変な決断だが、水を飲まなければ死ぬ。ほかに方法がない」
と、住民に理解を求めた。
地元紙によると、このまま干ばつが続けば、
同州の水源は09年に枯れるという。

私が子供の頃は、水を買うなんて考えられなかったですが
今では日本もミネラルウォーターがコンビニで売られている時代。
私もミネラルウォーターを飲んでます。
でも水がなくなるなんてことは考えもしなかった。
しかし、とうとう、下水を飲まなくてはいけない国が出てきたとは!

一方アメリカは…

宇宙空間に浮かべた鏡で太陽光線を反射するという温暖化対策の研究を
今春に出される国連の報告書に盛り込むよう、米政府が提案する。
試算では太陽光線の1%も反射すれば
産業革命以来出してきた温室効果ガスの効果を相殺するという。

京都議定書には反対したくせに…
ハリウッド映画みたいない発想ですよね。

そんなこんなで最近、環境問題に興味があります。
先日、BS朝日の「Happy!Lohas」という番組で、
高樹沙耶さんが「パーマカルチャーに関心がある、
いずれエコビレッジをやりたい」とおっしゃってました。
「ん?パーマカルチャーって何?」と調べてみたら
植物や動物の固有の資質とその場所や建造物の自然的特徴を活かし
最小限の土地を活用して、都市部にも田舎にも、
生命を支えていけるシステムをつくり出していくこと

ですって。
要は昔の地球のように、自然をじょうずに循環させていくってことでしょうか。
土に還らないゴミをどんどん排出している消費社会はダメってことです。
ダイバーでもある高樹さん曰く、今、海がすごく汚れているんですって。
家庭の排水が大きな問題だとか。
家庭から流される洗剤、ラーメンの汁、味噌汁、牛乳、油がよくないそうです。
洗剤、害のないものに変えようかな…
海が汚れて迷惑するのは魚たち。
考えてみれば、地球を汚して、他の生物に迷惑かけているのは
人間なんですよね。

今、読んでいるのは
マルチチュード 上 ~<帝国>時代の戦争と民主主義

注文中は
不都合な真実
映画も公開中

| | Comments (18)

January 23, 2007

相変わらずラジオのある日々、そしてロハスな暮らし

Lohas

たら本が始まっていますね。
今回はoverQさん主催で、テーマは「ふしぎとあやし」
今、読書をしていないせいか、記事がひ、ひらめかない…
ごめんなさい(・∀・;)

さて、相変わらず、はまっているのはラジオ。
お笑い系ラジオは、結局、おもしろいのは
ダントツで伊集院光、そしてアンタッチャブルの柴田さんですね。
二人に共通しているのは何気ない日常を
おもしろおかしく話すってとこです。
他のパーソナリティはリスナーのハガキだのみだったり、
ただ、どたばたしてるだけだったり。

お笑い系じゃないラジオ番組で、お気に入りは
ふるチン(パーソナリティ 古田新太)
GrowingReed(パーソナリティ 岡田准一)
どちらも、ゲストを迎えて、じっくり話を聴くスタイル。
特にGrowingReedは
「中東の争いは何故なくならないんですか?」
「日本の農業は今、どうなっているんですか?」
などテーマが専門的で興味深い。

そして、FM東京で朝5時から放送されているSKY
パーソナリティの石川さんの声がすごい好み♪
(私は男の人の顔はどうでもいい人なんですが、声にはかなりこだわりがあります)
番組構成は情報系のミニコーナーがいろいろあって、
同じ時間帯のJ-WAVE GOOD MORNING TOKYOを意識したつくり。
J-WAVEの別所さんは前パーソナリティのジョン・カビラさんを意識しているのか
ややテンション高めなんですが、石川さんの語りはとても落ち着いていてナチュラル。
でもコメントは熱い。

今、他に気になっていることはロハスとかオーガニックとか…
それ系の雑誌をいろいろ買ってます。
Lingkaran(リンカラン)とかソトコトとか。
そしたら、ソトコト1月号で「今年はラジオがくる」と予言されてました。
確かにラジオって、TVに比べて、気持ちがゆったりするような気がします。
ソトコト曰く
①鍼灸、②ポピュリッチ、③サスティナビリティ、④ラジオ、⑤美しい食事
この中からひとつでもピンときたら今年アナタは幸せでいられるそうです。
ただポピュリッチというのは「新富裕層」という意味らしいので、
そういうことばには私は反感、感じるけどねー。
マクロビオティック(穀物菜食)も気になってますが、
まだ玄米を食べる勇気がない…
みなさんもゆったりしたロハスな暮らし、いかがですか~?
地球の環境をこれ以上、破壊しないためにも。
まずはラジオのある生活、どうでしょう?

| | Comments (12)

December 27, 2006

よいお年を♪

今年もあとわずかですね。
引き続き、お笑いにはまっております。
でも関東って関西に比べてTVのお笑い番組が少ないんですよね。
関西の人がホントうらやましい。
しょうがないので、CSでちょこちょこ放送される
関西ローカルの番組(「ジャイケルマクソン」とか)や
ネットで「ヨシモト∞」なんかを見てます。
それから、深夜ラジオ!
深夜ラジオを聞くなんて、学生の時以来ですよー。
しかし、これがおもしろいんだなあ。
JUNKとかオールナイトニッポンとか。
今のところ、圧倒的におもしろいのは伊集院光。
Ijuin_mainimg

でも、深夜放送って最後まで聞けず途中で眠くなっちゃうわけですよ。
そんなわけで、タイマー録音をしてiPodに落としたいと思い始めたんですね。
ラジオをタイマー録音というと、最近では、TalkMasterが有名なんですが
小型なので、どうも感度がよくないらしいんですね。
値段も高いし(4万円近い)。
Talkmaster_1

で、いろいろ探して、見つけたのが、SHARPのQT-MPA10
Musiccarry
見た目、ラジカセですが、カセットもCDもMDもついてません。
フラッシュメモリーのみ。
が、ラジオをタイマー録音してパソコンに落とす分にはかなり便利な機械らしいです。
買ってみようっと。

ここ数年、本ばかり読んでいたのに(それもこむずかしそうな本ばかり)
いきなりお笑いだなんて、唐突な感じがしますけど、
私、高校生の時も、演劇部でこむずかしい不条理劇をずっとやっていて
いきなり、落研に転向した女ですから(笑)
来年はお笑いを研究して、人を笑わせる技術を磨きたいと思っております。

それでは、みなさま、よいお年を。

| | Comments (24)

November 08, 2006

無意味良品

パソコンが新しくなってCPUがCore2Duoになりました。
画像の処理が早いっ!

最近、<インプット>と<アウトプット>について考えていました。
<インプット>はわからないことをネットで調べたり、本を読むこと。
<アウトプット>はブログに書くこと。
それがあまりに安易になっているような気がしてきたのです。

今や、ネットで調べられないことはないといってもいいわけですが
何でもかんでも調べてしまうことによって、感動が薄れるんですね。
たとえば、ネットで評判のレストランに行っておいしかった時よりも
街で偶然、見つけてふらっと入ったレストランがおいしかった時の方が
感動するわけです。
本も今や、発売前に、その内容がネットで噂になるのは常識ですが、
そういう青田刈り的な買い方はどうなのかなあと。

また、本の読みすぎはいけないのかなあと思いはじめました。
次から次へとどんどん読むと、熟成する時間がなくて、
書物が通り過ぎていくだけになってしまうんですよね。

そして、ブログに書くこと。
これも、その時の感情を書き残すという意味でいいことだと思ってたのですが、
「書く」ということは、自分の思いを、文字に乗り移らせるわけですから
自分の気持ちの方は薄まってしまうような気がするのです。
魂を売るとでもいうのでしょうか…
だから、「書く」ということがお金になるのではないだろうか。
本当は書かない方が、感動は、後々まで自分の中に残しておけるんじゃないだろうか?

そんなことを思い、ブログや読書と少し距離を置こうかと考えています。
そういうわけで、記事の更新がのんびりになるかと思います。
どうぞご了承くださいませ。

最近、興味があるのは
●古地図
女優で地図好きの真矢みきさんが、TVで古地図のことを紹介されていて、
興味を持ちました。
もともと、日本の古代に興味がある私には、どんぴしゃりです。
とりあえず、この2冊を買ってみました。

天保国郡全図でみるものしり江戸諸国 東日本編

日本の謎と不思議大全 東日本編

●無意味良品
Muimi

BSフジで放送中の番組で
「無意味な商品たちを世界中から集め、あくまで良品として紹介」するというもの。
先週、紹介されたのは、キャンディでできた下着や、
マッチ箱でハエをつかまえる道具など。
プレゼンターは都内某所に事務所を構える
「金蛇商事(キムスネイク・カンパニー)」の社員たち。
アニメなんだけど、キュート。
特にキム社長の声がいいです。
彼らの動画がココで見れます。
DVDも買っちゃいました。
ああ、よいねー。(キム社長の口癖)

特選「無意味良品」VOL.1

| | Comments (36)

October 28, 2006

地理や歴史が粗末にされていいのだろうか?

●今週、読んだ本
『猫とともに去りぬ』byロダーリ
猫とともに去りぬ
光文社古典新訳文庫の1冊。
爆笑奇想天外ファンタジー短編集。
笑えるんだけど社会風刺的内容だったりもする。
カルパ星からやってきた宇宙人がピサの斜塔を奪う物語
「ピサの斜塔をめぐるおかしな物語」とか
魚が釣れるようになるおまじないのために
何度も人生をやりなおす男の話
「ガリバルディ橋の釣り人」あたりが好き。

『喪失の国、日本』byM.K.シャルマ
喪失の国、日本―インド・エリートビジネスマンの「日本体験記」
インド・エリートビジネスマンの日本体験記。
「ホントにインドの人が書いたの?」と思うくらい
日本のことがよくわかっている。
前半は、シャルマ氏の失敗談が中心で爆笑なんだけれど
後半は、三島由紀夫論や日本人の平和観への提言など
かなりシビアな内容になってくる。
オススメ。

『宇宙の果てのレストラン』byダグラス・アダムス
宇宙の果てのレストラン
「銀河ヒッチハイクガイド」シリーズ、第2弾。
銀河バイパス建設のため、ある日、突然、地球が消滅。
最後の生き残りである平凡な英国人アーサーは
たまたま地球にいた宇宙人フォードと宇宙をヒッチハイクするはめに…
今回は爆笑というより、哲学的だったかな。
憂鬱なロボット、マーヴィン、最高。

●マルクスの本
いろいろ買って、読んでいるんだけど、さっぱりわからん。
『カール・マルクス』by吉本隆明
『今こそマルクスを読み返す』by廣松渉
『マルクスの使いみち』by稲葉振一郎他
『資本論』byマルクス

●エカテリーナとポチョムキン
Ekaterina

日テレで放送された「女帝エカテリーナ 愛のエルミタージュ」を
後半だけ見ることができた。
番組案内人である山口智子が好きなのです♪
番組ではポチョムキンとエカテリーナとの間でかわされた
1162通に及ぶ手紙を独自に翻訳。
そして山口智子はその足跡をたずね、ロシアを旅する。
わ!以前、放送された「山口智子 ゴッホへの旅」が12月にDVD化だって。
買う、買う。
山口智子の旅シリーズ 山口智子 ゴッホへの旅 ~私は、日本人の眼を持ちたい~
山口智子の旅シリーズ 山口智子 ゴッホへの旅 ~私は、日本人の眼を持ちたい~

今回のも、早速、本を買いました。

Koibumi

●地理と歴史
高校での必修科目の履修漏れが問題になっているけれど、
何が残念って、受験のために、地理や歴史が犠牲になっているということ。
私が学生の頃も、歴史ってさーっと全体をなぞるだけで、
深くは勉強できなかったんだけど、
あの頃、地理や歴史の楽しさがわかっていれば、
人生が違っていただろうなあとふと思う。

| | Comments (20)

October 21, 2006

あの陶芸家は誰?

金曜日の深夜、ぼーっと見ていたTV。
それは陶芸家を紹介する番組で、
彼が作ったというコーヒーカップは
カップより持ち手の方が大きい。
皿もごつごつしていて、皿というより土のかたまりみたいで
模様も、そのへんで拾ってきた廃材を押しつけてつけている。
私はひとめで、その器が気に入ってしまって、ほしくなって
翌日、パソコンでいろいろ検索したのだけれど、
結局、誰だったかわからない。
確か中国人っぽいお名前だったような気がする。
今、NHKに問い合わせてはいるんだけれど教えてくれるかなあ。

======================================================

Glasspen

昨夜は山口智子が「未来創造堂」という番組で
「最近、江戸の職人芸にはまっている」と
箸とガラスペンを紹介していた。
五角形や八角形の箸があって、
持つと、五角形はごつい感じで、八角形は優しい感じらしい。
箸の形なんて考えたこともなかった。
今度は意識して買ってみよう。
ガラスペンは、そもそも、日本の風鈴職人さんが作ったものなのだそうだ。
(イタリアじゃない)
その技術たるやすごくて、一度、インクに浸したら、
ハガキ1枚は軽く書けちゃうらしい。
すごい!ほしい!

======================================================

松本零士が、槇原敬之に「銀河鉄道999」のセリフを無断使用していると
抗議しているが、
今度はゲド戦記の挿入歌「テルーの唄」が朔太郎の詩に酷似しているらしい。
(現代詩作家の荒川洋治さんが月刊誌「諸君!」11月号で告発)
私は、「銀河鉄道999」については、松本零士の方が騒ぎすぎだと思っているが、
「テルーの唄」は、ちょっとずつ変えているあたりが、
むしろ意識的にやっているような気がする。
「こころをばなににたとへん」/「心を何にたとえよう」
「音なき音のあゆむひびきに」/「音も途絶えた風の中」
「たえて物言ふことなければ」/「絶えて物言うこともなく」

======================================================

Kareinaru

来年、「華麗なる一族」がドラマ化されるけれど、
キムタクが主役って勘弁してほしい。
恋愛ドラマや青春ドラマで、ジャニーズが主役なのは目をつぶろう。
が、大人が見るに耐えうる社会派ドラマだけは、
本物の役者を使ってほしい…(佐藤浩一とかさあ)

======================================================

<最近の読書>

今こそマルクスを読み返す

アガサ・クリスティとか松本清張とか。
推理小説はネタばれになるから記事を書きにくいよねえ。
読書中は『今こそマルクスを読み返す』by廣松渉
マルクスっていまだに全集は出ていないんだそうです。
大月書店から出版されている“全集”は
あくまでも“著作集”なんだそうです。
今まで、出版されているものは、
かなりフィルターのかかった編集がなされているので
(都合の悪いものは隠して出版しないとか)
それらを読んで「今さら、マルクス?」なんて
いっちゃいけないみたいですよ。

| | Comments (18)

より以前の記事一覧