August 31, 2007

『桜庭一樹読書日記』『去年ルノアールで』『ハイペリオンの没落』『陸行水行』「沢木耕太郎 真夏の夜の夢」

●今週、読んだ本
『桜庭一樹読書日記』by桜庭一樹
桜庭一樹読書日記―少年になり、本を買うのだ。

桜庭一樹が縦横無尽に読んで過ごした、疾風怒濤の1年間。
「Webミステリーズ!」で大好評を博した読書エッセイ。
本文への注釈や書誌データなどを盛り込んで単行本化。
冒頭部分と続編をコチラで読むことができます。

彼女の作品は『赤朽葉家の伝説』しか読んだことがなくて、
正直、イマイチだったのだが、
この本を読み、桜庭さん自身はすごく好きだと思った。
まず生活していくうえにおいて、何よりも読書に重点を置いていることに
好感が持てた。
(作家の日記なので、どこまで本当かはわからないが、
少なくとも桜庭さんに関しては真実なんじゃないかと思う)
桜庭さんの読書量は尋常じゃない。
読むスピードもかなり早い。
読書日記だからかもしれないが、本屋ばかり行っている。
そして桜庭さんの文章には本への愛情が溢れている。
ここで紹介されている本、すべてを読みたくなってしまう。
そんな1冊だった。
昨年出版された『桜庭一樹日記』も読んでみようかなあ。

『去年ルノアールで』byせきしろ
去年ルノアールで

私は今日もルノアールにいた。
客や店員の様子を眺めるうちに、「私」は妄想を暴走させ、
無益な1日を過ごしてしまう…。
無気力派文士の初エッセイ集。
『relax』連載に加筆・修正し、書き下ろしを足して書籍化。
現在、ドラマ化され、TV東京で放送中
秋にはDVD化も予定されている。

街から喫茶店がどんどん消えていっている。
代わりに増殖しているのが○ターバックスや○トールのような
コーヒーショップだ。
それらの店にいるのは、オシャレを気取る若者ばかりで
この本に登場する
“でかでかと黒豹がプリントされたトレーナーを着たおばさん”や
“昼寝するサラリーマン”や“競馬新聞を赤ペンでチェックするオヤジ”はいない。
コーヒーショップでは、みな、コーヒーを飲むとそそくさと立ち上がり、
次の目的地へと向かう。
あくまでも一時的な休憩だ。
しかし、喫茶店の客に次の目的地なんてない。
何の仕事をしているのかもわからない怪しげな常連が、
昼過ぎになると集まりだし、だらだらと株やゴルフの話をし続ける。
そういう場である喫茶店が消えつつあるということは、
日本という国が余裕のない国になりつつあるということだ。
私はコーヒーショップに、オシャレや日常の効率を強要するファシズムさえ感じる。
そういう意味で、ルノアールは「余裕のある国、日本」の最後の砦なのだ。
ルノアールには世間の流れに負けずがんばってもらいたいと思う。

『ハイペリオンの没落』byダン・シモンズ
ハイペリオンの没落〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)ハイペリオンの没落〈下〉 (ハヤカワ文庫SF)

先週、読んだ『ハイペリオン』の続き。
正直、イマイチ…。
『ハイペリオン』は文学の匂いがする作品だったのだが、
『ハイペリオンの没落』は巡礼者VSシュライク、
連邦政府VS宇宙の蛮族アウスター、双方の戦闘シーンの連続であり、
スペースオペラそのもので娯楽作品としての要素が強い。
これは小説を読むより映画で見る方が楽しめるのでは?
(『ハイペリオン』は映画化の話が出ているようですが…)
連邦政府CEOであるグラッドストーンにお抱え画家として招かれた
M・セヴァーンが唯一、文学的な存在に感じた。
しかし、そもそも私が文学的、非文学的と感じる差異は何なんだろう?

『陸行水行』by松本清張
陸行水行 新装版 (文春文庫 ま 1-110 別冊黒い画集 2)

「形」「陸行水行」「寝敷き」「断線」の4作を収録
表題作である邪馬台国について書かれた「陸行水行」が読みたくて
買ったのだが、私が記憶している作品と違った。
邪馬台国について書かれたこれではない短編を読んだ記憶があるのだが…

●今週、聴いたラジオ
沢木耕太郎の「真夏の夜の夢」
TBSで8月19日の深夜1時~4時に放送された。
生放送。
私は録音しておいたものを今週、聴いた。
番組のメインは対談。(ただしこちらは録音)
ゲストは井上陽水と瀬戸内寂聴。
沢木さんの声を初めて聞いた。
語り口が優しく、すっと耳にはいってくる声である。
音楽もJAZZありPOPSありでとてもよかったのだけど、
曲目がわからなかったのが残念。
沢木さんの代表作『深夜特急』を映像化した「劇的紀行深夜特急」の主題歌である
陽水さんの「積み荷のない船」(いい曲です!)がかかってました。

●たら本
Tara37
たら本、第37回が始まっています。
どなたでも参加できるTB企画。
テーマに沿った本を紹介する記事を書き、
主催者さんや他の参加者にトラックバックやコメントをするという趣旨です。
詳細はコチラ
今回の主催は「本を読む女。」のざれこさん
お題は「犬にかまけて」です。
私は今回、紹介のみでお休みします。

| | Comments (14)

June 23, 2007

『充たされざる者』『さようなら、いままで魚をありがとう』『ほとんど無害』『迷宮パノラマ館』『かくれ里』

2007052800000005oricentview000

昨夜、NHK「プレミアム10」でユーミンのライブをやっていた。
音楽プロデューサーの寺岡呼人が企画したもので
ゆず、桜井和寿も参加していた。
何だかんだ20代の頃、一番よく聴いていたのはユーミンなので
ライブを見ているうちに、その頃の自分がよみがえってきて
ユーミンの歌ではないが「あの日に帰りたい」と思ってしまった。
しかし、ゆずファンの方が「ユーミンという人がよかった」と
ネットに書いていらして
「もう若い人にとってユーミンは“ユーミンという人”なんだなあ」と
寂しい気持ちになった。
一方で私にとってもゆずは“ゆずという人”だったりするわけだが…
どうして人は、今の音楽でなく、若い頃に聴いた音楽に
強くひきつけられるのだろう?
その直後が「爆笑問題のニッポンの教養」という番組で、
爆笑問題が東京理科大学薬学部の田沼靖一教授と
「ヒトはなぜ死ぬのか?」をテーマに語っていた。
田沼教授「遺伝子にはあらかじめ死がプログラムされている」
太田「では、遺伝子を操作すれば不死も不可能ではない?」
田沼教授「できたとして不死に何の意味があるのか?」
ちょうどユーミンの番組を見て「若い頃にもどりたい」と
思ったところだったので考えさせられる内容だった。

●今週読んだ本
『充たされざる者』byカズオ・イシグロ
充たされざる者

世界的ピアニストのライダーは、あるヨーロッパの町に降り立った。
「木曜の夕べ」という催しで演奏する予定のようだが、
日程や演目さえ彼には定かでない。
ライダーはそれとなく詳細を探るが、
奇妙な相談をもちかける市民たちが次々と邪魔に入り……。

帯に「イシグロがカフカを超える」とあるが
それはあまりにも不遜なキャッチコピーじゃないか?
確かにカフカの『城』に似ている。
が、それも前半まで。
町の人々がみな人間的過ぎるし、ストーリーも明確で、
作品説明にある「悪夢のような不条理」は感じない。
一方、『城』の主人公Kは最後まで外来者であり続ける。
村人は人間であって人間でないようなまさに悪夢のような存在。
と、カフカファンである私は帯のキャッチコピーにカチンとして
カフカと比較して読んでしまったが
そうじゃない読み方ももちろんあると思う。
ネットで検索したらボリス、シュテファン、クリストフ、ブロッキーを
それぞれライダーの少年期、青年期、壮年期、老年期ととらえた感想があった。
え、そうなの?
私はこの4人はまったく別のキャラクターに思えたのだけれど…(・∀・;)

『さようなら、いままで魚をありがとう』byダグラス・アダムス
『ほとんど無害』byダグラス・アダムス
さようなら、いままで魚をありがとうほとんど無害

銀河バイパス建設のため、ある日突然、地球が消滅。
どこをとっても平凡な英国人、アーサー・デントは
最後の生き残りとなる。
アーサーはたまたま地球にいた宇宙人フォードと
宇宙でヒッチハイクをするはめに。

というストーリーの『銀河ヒッチハイクガイド』シリーズ第4弾&第5弾。
これでシリーズをすべて読み終えたことになる。
シリーズが後半になるに連れて、コメディからシリアスな内容に移行し、
熟成されていく感じがよかった。
作者の年齢とも関係があるのかもしれない。
ファンは1~3巻を正篇、4&5巻は「三部作の4番目と5番目」と呼び
分離して考えるようだが、
私は4&5巻あっての『銀河ヒッチハイクガイド』なんじゃないかと思う。
4巻ではアーサーが恋をして、5巻でその恋を失ったアーサーが
サンドイッチ職人として幸せそうに暮らしているところ、じーんとした。
ラストの評判が悪いようだが、私は嫌いじゃない。
映画も近いうちに見たい。

『迷宮パノラマ館』by芦辺拓
迷宮パノラマ館
著者が若い時に書いた短編と最近の作品であるショート・ショート、
講談・ラジオ台本を集めた作品集。
帯には
「ミステリ、SF、ホラー、講談…奇才・芦辺拓が贈るひとり雑誌」
と書いてある。
「太平天国の乱」と「クトゥルー神話」を組み合わせた
『太平天国の邪神』がよかった。
ショート・ショートはやはり短すぎて物足りなかった。
芦辺拓が好きという方以外にはオススメできないかも…

『かくれ里』by白洲正子
かくれ里

白洲正子が朽木谷、菅浦、久々利といった
知る人ぞ知るかくれ里を訪ねる紀行エッセイ。
深い木立にかこまれた神社に残されている古面、
政変で都を追われた天皇たちの悲しいエピソード、
山奥に残る古代信仰のあと。
しかしこの作品が発表されたのは1971年。
もうこれらの土地も観光客によって荒されてしまっているだろうか。
日本書紀、万葉集、太平記といった日本の古典をもっと読み、
京都周辺の詳細な地図を手元に置いて再度、読みたい。

P.11
バスから押し出される観光客は、信仰とも鑑賞とも、
いや単なる見物からも程遠い人種に違いない。
ただ隣の人が行くから行く…(中略)
仏像や古美術も…(中略)不断の尊敬と愛情によって
磨かれ、育ち、輝きを増す。

P.16
伎楽はおそらくギリシャから西域を経て、中国に渡り、
朝鮮経由で、七世紀の頃、日本に将来された芸能だが、
外国では滅びてしまったその伝統が、日本の片田舎に
こうして生き残っていることに…(中略)
日本の国そのものが、世界のかくれ里的存在といえるのでは
ないだろうか。

P.42
明け行く空と、落ちる月影に、軽の皇子への希望と、
草壁の皇子への追慕を見るのは行きすぎで、
歌はそのままの姿で味わうのが一番いいのである。

P.232
天然記念物に指定されてから急にはやり出したと聞くが、
やたらに指定するのも考えものである。
指定されたために、全滅した植物や鉱物は多い。

P.279
現代人はとかく形式というものを軽蔑するが、
精神は形の上にしか現れない。
私たちは何らかのものを通じてしか、
自己を見出すことも、語ることもできない。
そういう自明なことが忘れられたから、
宗教も芸術も堕落したのである。

P.298
あえて言えば、古事記も、日本書紀も、神話を総括し、
伝説を整頓しただけで、作り話は一つもない。
神話とフィクションのちがいを、私たちはもっとはっきり
心得ておくべきだと思う。

●読書中
『ユリシーズⅠ』byジェイムズ・ジョイス
ユリシーズ〈1〉
スティーヴンがブルームの新聞社にやってきたところ。
英語の修辞学がわからないので、そのあたりが楽しめないのが
ちょっと悔しい。

『古代からの伝言~日出づる国~』by八木荘司
古代からの伝言 日出づる国
「日本書紀」の世界を小説化した作品。

●新たに注文した本
読む本がたまっているので今週はショッピングなし。

| | Comments (12)

November 04, 2005

BlogPeople loves Musicは便利だよ

iTunesをお使いの方。
“iTunes Music Store”上の複数曲を試聴する場合、
連続再生できないですよね?
一曲ずつクリックしないといけない。
でもこのBlogPeople loves Musicを使えば
連続再生できちゃうんです。
これならToday's トップソングも流しっぱなしにできるから
簡単にチェックできますね。
自分のライブラリからイントロを連続再生するなんてこともできます。
ダウンロードは
BlogPeopleトップページ
右側にある「BlogPeople loves Music」バナーをクリック

Modern Synaxさんの記事

私は最初、60秒で設定してうまくいかなかった。
30秒がいいみたいです。
30秒でジャズのToday'sトップソング100曲を聴けば50分。
CD1枚分ですよー。

| | Comments (0)

June 17, 2005

Musical Baton

先日、biccoさんから「近いうちにまわしますよー」といわれたのだが、
こういうのは早くしないとまわす人がいなくなっちゃうので、内心、焦っていたら
Rymさんからバトンをいただいた。
biccoさん、裏切ってごめん(^^;
Musical Batonとは?

■Total volume of music files on my computer
(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
1.62GB
iPodにもこれしか入っていない。
30GB買った意味なし(^^;

■Song playing right now (今聞いている曲)
『EVERY』by星村麻衣
ドラマ「離婚弁護士」のテーマ曲

■The last CD I bought (最後に買った CD)

B000994SWI南米のエリザベス・テーラー
菊地成孔

インディペンデントレーベル 2005-05-02
売り上げランキング : 6,773

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
(よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)
●ムチャクチャ早いアニタ・オデイの“Tea for Two”が秀逸

B000056SXH真夏の夜のジャズ
サントラ ジミー・ジュフリー・スリー セロニアス・モンク・トリオ ソニー・スティット&サル・サルヴァドール

ビクターエンタテインメント 2000-11-22
売り上げランキング : 46,069

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

●スウィングアウトシスターといえば“Break out”ですが
このライブ版のジャズ風にアレンジした方がオリジナル版より大人っぽくて好き。

B000007UHDベスト・ヒッツ・ライヴ!
スウィング・アウト・シスター

ユニバーサルインターナショナル 1993-03-25
売り上げランキング : 14,291

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

●やっぱり達郎は天才だと思う。“蒼氓”は特に好き。

B00005HIH4僕の中の少年
山下達郎

ワーナーミュージック・ジャパン 1999-06-02
売り上げランキング : 25,421

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

●ユーミンはカセットでしか持っていなかったのでまたぼちぼちCD買ってます。
荒井由美時代もキライじゃないが、私がよく聞いていたのはこのアルバムの頃。
“真珠のピアス”はホントいい曲だ。

B00005GMEFPEARL PIERCE
松任谷由実

東芝EMI 1999-02-24
売り上げランキング : 4,669

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

●タバコのピースのCM曲だった“Azure”
原曲はクラシックの“ダッタン人の踊り”
天野清継さんご本人がCMそのものにも出演された。
青い朝のパリの風景がとてもステキだった。
branche

B00005GWKNブランシェ
天野清継 篠崎正嗣ストリング・セクション グレッグ・リー 国府弘子

ビクターエンタテインメント 1992-06-21
売り上げランキング : 407,043

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す 5 名)
RunD.M.Cとか私の知らない音楽をたくさん知ってるponちゃん
最近のジャパニーズポップスに詳しいすのうさん
バッハに造詣の深いnyuさん
美人サックスプレイヤーきみ駒さん
80年代洋楽にお詳しいne_sanさん

よかったらお願いします(*- -)(*_ _)ペコリ

| | Comments (17)

May 12, 2005

南米のエリザベス・テーラー

B000994SWI南米のエリザベス・テーラー
菊地成孔

インディペンデントレーベル 2005-05-02
売り上げランキング : 189

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

知らない間に菊池成孔の新譜が出てた。
ココで買えば菊池成孔手帳がついてきたのに、すでに初回限定盤完売。
初回限定盤には冨永昌敬監督によるオリジナル短編映画(R-18指定)と
CD未発表音源2曲を収録したDVDが付いてくる。

Amazonは初回限定版かどうか怪しかったのでHMVで購入。
試聴はコチラ
4曲目に「ホルヘ・ルイス・ボルヘス」という曲あり。
ボルヘス、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
菊池成孔ファンの子がいっせいにボルヘス読みだしたらちょっとおもしろい。

4560071144不死の人
ホルヘ・ルイス ボルヘス Jorge Luis Borges 土岐 恒二

白水社 1996-08
売り上げランキング : 20,009

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
『DEGUSTATION A JAZZ』by菊地成孔
『歌舞伎町のミッドナイト・フットボール』by菊地 成孔

| | Comments (0)

March 30, 2005

Last.FM

jm's my Tasteさんのこの記事で知りました。
ネットラジオネタ。
2002年末に開局したらしいので、知っている人はとっくに知っていると思いますが。

ロンドンから発信するオンライン・ストリーミング・ラジオ局。
Audioscrobblerに送られたデータを元に
各リスナー個人の好みに特別に合わせた内容をストリーミング配信するラジオ局。
気に入らない曲が流れても違う曲に変えることもできる。
自分のプロフィールに追加された曲を流すPersonal Radioと
同じ曲の嗜好を持つ人たちのプレイリストを聴くProfile Radioがある。
Personal Radioは300曲、自分のプロフィールに追加しないと聞くことができないので注意。

パソコンにプラグインを入れると、自分のMP3プレイヤーで聞いている音楽も
好みに繁栄されるみたい。
自分でチョイスした曲だけが流れる個人ラジオ局も作れるらしい。
何しろ英語サイトなんでまだよくわかってません(^^;

でも、日頃、自分が聴きそうにない曲もいろいろ流れるから何か楽しい。
Rolling StonesにTom Waits、今はブリリアントグリーンが流れてるよー(笑)

一ヵ月のお試し期間が過ぎるとDonate(寄付)を求められるみたいですが
1ドルからでいいみたい。

みなさんも使ってみてね。
そして私に使い方を教えてね(^^;

Last.FMのサイトはこちら
audioscrobblerのサイトはこちら

| | Comments (0)

March 01, 2005

愛とかaikoとか

CD2005.3.1

CDを20枚くらいレンタルしてきました。
年下の男の子にいつカラオケに誘われてもいいように、
大塚愛とかaikoとかもちゃんとおさえておかなくちゃね(笑)

それにしても大塚愛の新曲、「黒毛和牛上塩タン焼680円」って(* ̄m ̄)プッ
他の2曲は「本マグロ中トロ300円」「つくね70円」

買おうと思っていた柴咲コウの「グリッター」もレンタルできたので
代わりにジャズのCDを買ってきました。
コチラで聴いて「お、癒される~」と思ったので。
お父上でありサックスプレイヤーの土岐英史さんがプロデュース。
私は知らないグループだけど、解散した「シンバルズ」のVoだったみたい。

STANDARDS on the sofa~土岐麻子ジャズを歌う~
土岐麻子

エル・ディー・アンド・ケイ 2004-11-10
売り上げランキング : 6,391

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


| | Comments (8)

February 12, 2005

彼らの演奏に神を見た!

きみ駒さんとこで発見したネタです
(っていうか本人たちはネタでやってるわけじゃないと思うけど 笑)
私も、いろいろなライブに行っているし、ちょっとやそっとの演奏じゃ驚かないはずなんだけど、
これはすごいです!
逆に中途半端なJポップスに「おまえら、このくらい、やってみぃ!」っていいたい(笑)

まあ、とにかく聞いてみて
私は笑いすぎて、お腹が痛いです・・・

| | Comments (10)

September 29, 2004

男は狼なのよ、気をつけなさい♪

書店で見たので、その存在は知っていました。
しかし、今ひとつ、購入意欲がわかず、そのままに・・・

そして、一昨日、ふとTVをつけると・・・
ん?SMAPとピンクレディーが踊っている。
相変わらず歌はヘタだが、踊りはうまいSMAP。
そして、ピンクレディー!
か、かわいい(ノ ̄▽ ̄)ノ〜〜〜〜〜
二人とも40才過ぎているのにバービー人形みたい。

早速、書店で買ってきました\(^o^)/


ピンク・レディー フリツケ完全マスターDVD Vol.1 講談社DVDブック
講談社

発売日 2004/07/09
売り上げランキング 120

Amazonで詳しく見る4062741563

収録曲は「ペッパー警部」「S・O・S」「カルメン’77」「渚のシンドバッド」「ウォンテッド」
それそれの曲に対して
①正面から、映像を楽しむ
②ショーバ−ジョン
③ミーステップ
④ケイステップ
⑤ミラー(反転)
⑥フリツケレッスン
⑦メイキング映像
と7種類の画像が収録されているという豪華さ。

早速、踊りましたよ( ̄∀ ̄*)イヒッ
でも、「サウスポー」や「UFO」がないじゃん。
これから出るのかなあとAmazonで調べたら、あるじゃん!
Vol.Ⅱが!
それも発売されたばかり。
そうか!スマスマ出演はプロモーションの一環ね!
早速、ぽちっ。

マツケンサンバも覚えなくちゃいけないし、忙しい、忙しい。ε=ε= 8-( ・ェ・) キコキコキコ

追記
その後、Vol.Ⅱもゲットしました。


ピンク・レディー フリツケ完全マスターDVD Vol.2
講談社

発売日 2004/09/18
売り上げランキング 41

Amazonで詳しく見る406274175X

| | Comments (20)

August 30, 2004

親のエゴも役に立つ場合がある

ムソルグスキー:展覧会の絵
アシュケナージ(ウラジミール)

発売日 2000/12/20
売り上げランキング 79,891

Amazonで詳しく見るB00005HRIW

昨夜、NHKでウラディミール・アシュケナージ演奏による「展覧会の絵」を放送していた。
ついつい、見入って(聴き入って)しまった。
昔、無謀にも弾きたいと楽譜を買って、一瞬にして挫折した曲である^^;

この曲はムソルグスキーが友人であるヴィクトール・ガルトマンの遺作展にインスパイアされて
作曲したとか・・・
元になった絵を見てみたいと調べたところ、
何年も前にNHKで団伊玖磨さんとロシアで探すという番組があったようだ。
それは「追跡・ムソルグスキー”展覧会の絵”」という一冊の本にまとめられたのだが、現在は廃刊。
復刊ドットコムで復刊の動きあり。
復刊したら是非、買いたい!

それにしてもつくづく感謝するのは、母が私に無理矢理ピアノを習わせたことだ。
当時は「親のエゴを子供に押しつけてないか?」と思っていたものだ。
でもぼーっとしていた私は反発もできず、高校生まで習っていた。(そのわりにへタレ)
その後、大人になってもぽつりぽつりと習っていたし、常に電子ピアノは所有していた。

その私がこの2、3年、ピアノを持たない時期があった。
それを知った母はしばらく呆然として「アナタが弾きたくないのなら仕方ないわね」とぽつりといった。
何だか母がかかわいそうになって昨年末、私にとって3台目か4台目のピアノを購入した。
で、最近、またちょこちょこ弾いている。

そういえば子供の頃、母はいった。
「今は練習がつらいかもしれないけれど、必ずピアノがあなたをなぐさめてくれる時がくるから」と・・・
あの時は「ふんっ!」と思ったが、今はピアノが弾ける事に感謝する(繰り返しますが演奏はヘタレです)

他の習い事についてはよくわからないけれど、
ピアノに関しては、子供が多少嫌がっても習わせておくと後で感謝されるかもよ・・・
という話でした。

さて、「展覧会の絵」のアルバムと楽譜でも買いに行ってくるかな♪

| | Comments (20)